KAI
beautydiary

デニムと愛し合う関係

PROFILE

柏木作夢
柏木作夢 ファッションディレクター カラフルでヴィヴィッドなスタイリングや、緩くてスモーキーなスタイリングを得意とし、広告・ミュージシャン・TV・舞台などの衣装を手掛ける一方、イメージディレクションやライター業でも精力的に活動中。2015年10月5日(月)に創刊されるファッション&ライフスタイル誌「Shore」では副編集を務め、総合ディレクションを担当。近年ではHawaiiにも精通し、活躍の場を広めている。

やはりデニムはシンプルに勝負したい

デニムはいつの時代もトレンドの真ん中にある。
モードが流行ろうと、古着が流行ろうと、マニッシュスタイルだろうが、ガーリースタイルだろうが、やっぱりデニムはいつでも外せないファッションの中心なのである。
そう、デニムはファッション界の「ドン」である。
ヴィンセント・ギャロが映画「ブラウン・バニー」で見せたシンプルな「白T×ブルーデニム」のスタイルが最高にクールで、映画を一時停止したまましばらく見惚れてしまったことがある。

やはりデニムはシンプルに勝負。
女性にしても、男性にしても白いTシャツが似合う人はいつの時代もデニムと愛し合う関係なのだ。

女性がヨボヨボのバンドTシャツにキュッと合わせるスキニーデニムもソリッドだし、白いボタンダウンシャツを土管みたいに図太いワイドデニムにねじ込むのもたまらなくセクシーだ。
そのようにデニムを使って自在に自分のスタイルやイメージを作れたら、ワンランク上のファッショニスタである。

それにはしっかりと自分の体型を理解し、思い切ったサイズ感で勝負することが重要である。
その上でやはり何よりもそれに見合ったアイテム選びが重要になってくることは間違いない。

まるで絵に描いたような通販番組っぽい流れになってしまっているがそんなことはないので安心してほしい。

まず紹介したいのは「AG」のスキニーデニム。

アンクルレギングのこの一本はその名の通り、くるぶしが見える丈のためにかなりの美脚効果が期待できる。
日本人の体型に一番マッチするのは実はこの形なのである。くるぶしを見せることによって抜け感も生まれ、スラッとした印象になるのだ。
色落ち具合も絶妙で、カジュアルにもセミフォーマルにも使えるアイテムだ。
肌触りのいいサラッとしたシャツなんかとシンプルに合わせて街を歩きたい。

次に紹介したいのはone tea spoon(ワンティースプーン)のデニムショーパンである。

ブランド独自のハイレグカットが足長効果を生み出す。
太ももの付け根から下に向かって切れ込んだカットは通常のショートパンツよりも足の露出を多く見せるため、かなりの美しさを演出してくれる。ここまで切れ込んだカッティングが苦手だという方は少し大きめのサイズを選ぶと抵抗なく履くことができるだろう。
かなりアクの強いアイテムなのでシンプルに着こなすのはそれなりのテクニックが必要だが、たまにはこんなアイテムにも挑戦してみてほしい。

最後に紹介したいのはLAGNAMOONのバギーデニム。

綺麗な色落ちをしたアイスブルーで、裾に向かって緩やかに広がるゆったりとしたシルエットが美しい一本だ。
トップスをタックインしてキレイめなシューズを合わせると上品にスタイリングできて、あえてゆるっとしたトップスを合わせて足元をローテクのスニーカーなどにしてカジュアルに着こなすのも気分だ。
それになんといってもこの色味はこれからのなる夏に向けて一本は必ず持っていたいと思わせる。個人的には思い切って真っ白のシンプルなTシャツに合わせて海を感じるようなスタイリングを楽しんでほしいと思う。

ヒトがデニムを断つことはきっとこの先ないだろう。もっとも身近であり、かつもっともモードなアイテム、それがデニムなのである。それはいつの時代も変わらずだ。きっとヒトが、デニムが、この世に生存する以上、ヒトとデニムは愛し合い続けるだろう。

だからこそ、いつの時代もカッコいいデニムを身につけてほしい。
それだけで気分は高まり、オンナ度もグッと上がるはずなのである。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー

メンバー一覧