KAI
beautydiary

34歳、初サプリ。それはアスタキサンチン

PROFILE

奥麻里奈
奥麻里奈 ライター 1982年大阪府生まれ、獅子座、O型。へアビューティーの美容業界誌編集者を経て2013年独立、ライターに。美容に関しては、仕事柄時間もお金もかけてあれこれやってみた20代を過ごしたが、現在は①コスパ重視②いかに手間をかけずに最大限の効果を得るか、をモットーにしている現実派路線に移行。「健康は食と運動から」の基本に立ち返り、料理と散歩が日課。趣味は“アド街”散策。

基礎化粧品に期待しなくなった今。そのわけは……


34歳の私が現在している基礎化粧は、無印良品のオーガニック化粧水+旅行先で買って使い切れていなかったシアバター、が基本です。これまでの基礎化粧遍歴でもっとも低コストかつ最少プロセスです。やる気のなさもついにここまで来ました。



私の中では、女の人には32歳くらいに美容山の峠があるように何となく感じているのですが、その峠を越えた今、そこに力を入れる気が起こらなくなりました。何もしなくても自己ベストを叩き出し続ける20代は「もっと綺麗になれるはず!」と「もっと、もっと」を追求する楽しさが基礎化粧品への飽くなき興味を掻き立て、お金も労力もじゃんじゃん遣いました。が、30ちょいすぎの峠を越すと「自己ベスト更新は望めない」と冷静な自分がいて、そこにエネルギーを費やす気が起きない。
20代は肉体という素材がすでにベストだから「そこにさらに何を足すか?」が勝負どころだったけど、今は念を込めて表面からどうにかしようとしたってどうにもならない。基盤である肉体の摩耗分を補えるわけがない。そんな風に思えるんですよね。


だから今は、外側からつけるのはほどほどで良くて、それより断然、体に直接取り入れる食べ物や運動に関心があります。その方が絶対、肉体維持という意味では美容コスパ高いでしょ、と。それに美容と反比例で年々高まるのは健康への関心。肉体にガタが来るってこういうことなんだな〜と思いますよね。

そんなとき、化学系の研究をしているうちの兄から「老化防止にアスタキサンチンが効く」という話を聞いて、最近サプリを飲み始めました。


兄曰く、アスタキサンチンを摂取したマウスとしていないマウスとで比較実験したところ、アスタキサンチンを摂取したマウスの老化がてきめんに抑制された、という実験結果がある、とのこと。摂取していないマウスはくるくる回る遊具に入れるとすぐに動けなくなったけど、摂取したマウスはずっと走り続けたそう。見た目も若々しかったらしいです。

アスタキサンチンというのは、海老とか蟹とか鮭に含まれる赤色の成分のことだそう。私「蟹と海老は高いから鮭を食べるか…」兄「いや、一番コスパいいのはサプリじゃないか? 鮭ばっかり食べると体に水銀が溜まる弊害があるぞ」。
サプリなんて効いているのか効いてないのか分からない印象しかなくて今まで全然興味持てませんでしたが、化学の世界で生きてる人の話はやたら説得力があり、「化粧水よりこういうのにお金を費やした方が効率いいんじゃないか?」と思ったのです。


しかし、これは15日分で約2,000円。ということは1か月に4,000円。化粧水代は安かったとしても合計すると結局決して安くはない……うーん、様子見でやってみますかね。

ちなみに、最近話題の水素水の効果について聞くと「あんなん嘘だと思うけどな」とバッサリ。ちょっと前まで我が家に約1年間水素水サーバーがあったことを言うと、気を遣って「まあ、ナントカカントカってことはあるかもしれんが…」とフォローしてくれましたが。そういえば妊娠してるときも診てもらっていた女医さんに「水素水飲んでも胎児に影響はないですか?」と聞いたら「…ただの水でしょ?」と言われたので、大多数の理系職の人たちにとってはそんなもんなんでしょうね。プラセボ効果でも「飲むと調子いいんだよね」と思うなら結果オーライだろうし、本人が気に入っていればいいんでしょう。


この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー

メンバー一覧