KAI
beautydiary

美肌 × 酵素 = スロージュースがおすすめ!

PROFILE

本山典子
本山典子 コミュニケーションディレクター・ライター 1986年大阪生まれ。上京後、化粧品会社・広告代理店・外資系ファッションブランドのPRアシスタントや商品開発を経てフリーランスに。イベント会社やカンパニーコーディネーター会社などのPRと平行して、ファッション/ビューティーの取材記事をウェブメディアに寄稿。海外好きが功を奏し、海外バイイングや現地コーディネーターアシスタントも経験。

コールドプレスジュースとの違いは…?


明けましておめでとうございます。
新しい1年の幕開けですね。
2017年、私の第1弾のビューティーダイアリーはこちらから。


美容に敏感な人達に注目を集めているスロージュース。コールドプレスジュースと何が違うの? と思いませんか。私もそう思った1人です…(笑)。

今回は、そんなスロージュースの謎を解きに、世界で初めてスロージューサーを開発したHUROMのワークショップへ行ってきました。


スロージュースとは、金属刃を使わずに低速回転の中で食材を“両手で搾るように圧縮した”ジュースです。素材そのままジューサーにセットし、皮ごと圧縮! 皮にも栄養が詰まっていることは、皆さんもご存知ですよね。

実は、野菜や果物をそのまま食べるより、栄養素が4倍も吸収しやすくなるんです。


高速ジューサーでは、金属刃の摩擦熱で栄養素が壊れがち。ですが、スロージュース専用のジューサーでは、その栄養を損なわずに手軽に取ることができるんです!
ジュースと絞りカスが分離して出てくるので、この絞りカスも料理で使えちゃいます。


コールドプレスジュースとの違いは“作り方”。コールドプレスジュースは、カットした素材を圧縮袋に入れ、専用の機械でプレスするんです。コールドプレスジュースには、数十万もかかる大きな機械が必要ですが、スロージュースなら、ミキサーのような小さな機械で簡単に栄養素が多く含まれるジュースが作れます♡

ここで、おすすめのレシピをご紹介します!



【冬にぴったりの身体を温めるジュース】
≪材料≫
・りんご(皮つき):2個
・白にんじん:1本
・生姜:10g
・オリーブオイル:お好みで

≪作り方≫
1. 材料をよく洗い、皮のよごれを落とす。
2. りんごは芯と種を取り、1/8等分のサイズに切る。白にんじんはそのまま。
3. ジューサーに、りんごと白にんじんを交互に入れる。
4. 最後にお好みで生姜もしくはオリーブオイルを入れる。

ものの5分で出来上がり♪ 朝の忙しい時間帯にも手軽に作れます。残りの搾りカスは、クッキー・ケーキなどのお菓子類や、寒い日に温まるスープに入れてもGOODですよ!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー

メンバー一覧