KAI
beautydiary

ビジュアル磨きの原動力は“娑婆”の存在

PROFILE

奥麻里奈
奥麻里奈 ライター 1982年大阪府生まれ、獅子座、O型。へアビューティーの美容業界誌編集者を経て2013年独立、ライターに。美容に関しては、仕事柄時間もお金もかけてあれこれやってみた20代を過ごしたが、現在は①コスパ重視②いかに手間をかけずに最大限の効果を得るか、をモットーにしている現実派路線に移行。「健康は食と運動から」の基本に立ち返り、料理と散歩が日課。趣味は“アド街”散策。

美容もお洒落も休んだってええじゃないか運動

我が子が生まれて1年が経ちました。すでに卒乳も済ませ、子が乳離れしたことで、私も1人の人間として現役復帰した感が出てきました。

(子どもができてから愛用している母アイテムを合間合間にご紹介。母アイテム1、ムームー。義父がくれたスパリゾートハワイアンズのお土産。楽チンなうえお腹周りが目立たないナイスな衣裳)

授乳が終われば美容にファッションに少しはやる気を取り戻すんじゃないかと思っていたことは前回書きましたが、うーん…やる気、そこまで出なかったですねぇ。確かに授乳がなくなって着たい服を着られていますが、新しい服が欲しいと全然思わないくらいにはお洒落意欲は低空飛行。

(母アイテム2、リュック。あんまり実用的っぽすぎないデザインが好き)

何でやる気が出ないのかは、すでに気付いています。“娑婆(シャバ)”に出ていく機会が少ないからです。

“娑婆”というのは、仕事の場だったり、友達がいる場だったり、今まで築いてきた人間関係がある場。要は「社会」です。今の私はほぼ専業主婦の生活を送っているため、そういった場に出向く機会が激減し、「装備」する必要がないのです。

(母アイテム3、ターバン。人と被りたくないがゆえの金ラメ・銀ラメチョイス)

近所の小児科に行くと、ちゃんとメイクしてるお洒落ママ(ターバン着用)を見かけるので、「なんでそんなモチベーションがあるんだろう」と不思議に思うのですが、考えてみればそういう人はママ友社会を持っているのかもしれない。私は子どもを保育園に入れていないし、地域のママ同士の交流はありません。だから、近所をスッピンでうろうろしても全然平気。

(母アイテム4、母子手帳ケース。キッズっぽさとお洒落感が融合したグッズがママ界にはある。母になって初めて知る)

やる気を出すには、娑婆に出て行く、あるいは、別の新たな娑婆をつくる必要がある。だけど、正味な話、どうもそんな気になれない自分がいます。FacebookもTwitterも停止中だし。長い人生、育児を理由に娑婆から引っ込んでる時期があってもええじゃないかええじゃないか……だって出ずっぱりは疲れるし。活動休止しないバンドはないし。ということで、授乳期間が終わっても、やっぱり美容もお洒落も育休モード続行中なのでした。

(母アイテム5、おむつ入れ。友人が手作りしてプレゼントしてくれたもの。)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー

メンバー一覧