KAI
beautydiary

スタイリッシュな街ベルギー アントワープの最新スポット

PROFILE

須山佳子
須山佳子 ファッション&ビューティーコンサルタント パリ在住15年。ファッションブランドのマネージャーを経て、日本のビューティーブランドを欧州市場へ紹介し、ブランディング及びビジネスデベロップメント行う「Dessigns」を設立。貝印の「KOBAKO」や「uka」など数ブランドを取り扱う。取引先は高級デパートのボンマルシェ、コレット、フォートナム&メイソン、ホテルリッツなど。同時にMarie Claire Styleのパリ特派員としてジャーナリスト活動を行い、WWD Beautyにてパリ通信も連載中。パリ・マレ地区で日本の美容ブランドを集めたポップアップストア「Bijo;」主宰。

「Margiela The Hermès Year (マルジェラ、エルメス時代)」展へ

先日、数年ぶりにパリから電車で2時間のベルギー アントワープへ行ってきました。その目的は、モード美術館MOMUで行われている「Margiela The Hermès Year (マルジェラ、エルメス時代)」展を見に行くこと。1997年〜2003年までのマルジェラが手掛けたエルメス時代の作品を、彼自身のメゾン、メゾン・マルタンマルジェラのコレクションとの対比で見せる画期的な展示方法で、今なおマルジェラが残したモード史に残る数々のアイディアとその仕事を垣間見ることができる必見の展示会でした。

そんな彼のクリエイションを生み出したアントワープの街ですが、元々アントワープはベルギーの中でもアントワープ・シックスと呼ばれるベルギーデザイナーを多く輩出するファッション都市として有名で、10年以上前にはアントワープ王立アカデミーの卒業ショーが話題となり、パリから頻繁に通っていたのですがここ数年めっきり行かなくなってしまいました。そんな訳で、今回は数年ぶりに訪れたアントワープにて、新たに発見したスタイリッシュなホットスポットをご紹介したいと思います。


まず最初にご紹介したいのは「GRAANMARKT 13 (グラーンマルクト13)」というコンセプトストア。このストアが素晴らしいのは、地下1F、地上4Fの建物が1棟まるまるお店であること。まず、1Fにはルメール、ソフィー・ドール、MANSUR GAVRIELなどのファッションブランドからアクセサリー、食器やインテリアなどが品よく並べられています。

2Fに上ると、サンタマリアノヴェッラの香水がずらりと並べられ、最近気になっていたイギリス発のスキンケアブランドHAECKELSのバームやアップルツリーの香木などがセレクトされていて、世界の名だたるコンセプトストアに引けを取らない存在感があります。

さらに、お店の奥にはガラス張りの開放的なオフィスと可愛い屋上庭園があり、中では果物が育てられたり養蜂まで行われているのですよ。

3Fと4Fはアパルトマンになっていて、デザインホテルとしても宿泊可能(1300€/一泊とお高めではありますが)。

地下に下りるとお洒落なベジタブルレストランで休憩ができ、一日中くつろげる空間です。特におすすめなのが日曜のブランチで、ビュッフェ形式で新鮮なお野菜と肉・魚料理がお手頃価格で楽しめます。

次にご紹介したいのは「st.vincents」というインテリア雑貨&ファッションのコンセプトストアです。エントランスには様々なデザインの鉢に植えられた植物がセレクトされ、日本のHasami Porcelainをはじめとする食器や小物が置かれ、ストア中央へ進むと天井から光が注ぐ気持ちの良い空間にコーヒーショップが併設されています。奥はイベントスペースにもなる広い空間にDelikatessenのシャツやエパーソン・マウンテニアリングのバックなどがセレクトされ、何ともハイセンス!

アントワープはナイトシーンもお洒落です。2015年に「世界一美しいレストラン」に輝いた「The Jane(ザ・ジェーン)」は、なんと教会を丸ごと改装した驚きのレストランなのです。オープンからわずか8ヶ月でミシュラン1つ星を獲得するなど、内装もさることながら味も高く評価されているのですがこの夏オープンしたバーがまた素晴らしい!

2Fに位置するバーは、レストラン全体が見渡せ、ガラス張りのオープンキッチンの様子も覗けます。中央にある巨大な照明と、サイドにある少しキッチュで可愛いステンドガラスを見ながら、お酒が進むこと間違いありません。

もし皆さんもアントワープを訪れることがあるならば、もちろんあの「フランダースの犬」の舞台となったアントワープ大聖堂でルーベンスの絵を見て、市庁舎やGrote Marketの市場を楽しみ観光するのもおすすめですが、旅の途中にぜひこんなスタイリッシュなアントワープの側面も覗いてみてください。ファッション都市が生み出す新しい美学が垣間見れるはずです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー

メンバー一覧