KAI
beautydiary

梅雨のニキビ対策に! スイカとトウモロコシの甘々パンケーキ♡

PROFILE

濱田文恵
濱田文恵 日中美容研究家 日中美容研究家 一般社団法人日本セルフ美容協会 代表理事 LINOME株式会社 代表取締役。自身のルーツである中医学をベースに東洋と西洋を組み合わせた「美養法」を提唱。インナービューティーやコスメにまつわる美容系の資格を多数取得し、多くの女性に毎日の中で簡単に取り入れられるセルフ美容を啓蒙するため、一般社団法人日本セルフ美容協会を設立。「美容をきっかけに人生を豊かに生きる」をテーマに、最年少美容家として幅広く活動する。著書『運命をこっそり変える 』(セブン&アイ出版)も好評発売中。

「湿」や「熱」を取り去る身近な“あの食材”に注目!

皆さま、こんにちは!
日中美容研究家/国際中医薬膳師の濱田文恵です。

あっという間にGWが過ぎ、晴れたり大雨が降ったりと
だんだん梅雨に向かっていますね。

梅雨といえば、雨が続いて湿度が上がるので、髪もベタベタですがお肌もベタベタ。
ただでさえムシムシした湿気に嫌気がさすわけですが、実はそれだけじゃなく肌トラブル、特にニキビができやすくなるのです。

今回の #医食同源と美容 では、梅雨の時期から夏にかけて美味しく食べられて、さらにニキビ対策にもなるスイーツレシピをご紹介します。

梅雨から夏にかけてニキビができやすい理由〜その1〜

中医学では、肌表面にできるニキビは五臓の中の「脾」と関係があると考えられています。そして、その「脾」は湿や熱の処理に弱く、うまく排出できずに体内に籠もらせてしまうとなんとか出ようと肌表面に現れてくるのです。

梅雨といえば、連日の雨続き。夏といえば気温の高さから体が熱で火照っているのがイメージできるかと思います。つまりこれからやってくる梅雨や夏は「脾」にとってなかなか過酷な季節というわけなのです。

医食同源と美容で、「脾」の養生を頑張りましょうね!

梅雨から夏にかけてニキビができやすい理由〜その2〜

もうひとつ、梅雨から夏にかけてニキビができやすい理由としては、
肌表面の湿度とアルカリ性が大好きなニキビ菌に関係があります。

梅雨には雨、夏には暑さによる汗で肌表面が常に湿っぽくなっていませんか?
健やかな肌表面というのはPh4.5〜6.5の弱酸性ですが、
湿っぽいものや油っぽいものに接していると、肌表面も一時的にアルカリ性になってしまい、
ニキビ菌が活性化してニキビが発生するのです。
肌表面はできるだけ弱酸性を保つように心がけましょうね♪

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー

メンバー一覧