KAI
kai corporation
beautydiary

「旅フォト」の新しい楽しみ方! 逆光を利用して奇跡のショットを狙おう

PROFILE

矢野翔子
矢野翔子 ファッションデザイナー・ブロガー 2010年よりファッションブロガーとして活動し、ファッション誌の読者モデルやブランド専属ブロガーとして活躍。現在は2013年に立ち上げたレディースブランド「Benemode(ベネモード)」から、「プラスワンでワンランク上のおしゃれ」をコンセプトに同世代の女性が求めるアイテムを提案。また、看護師の経験を生かし、女性が健康に美しくいるためのライフスタイルを発信している。

同じ時間でも、「逆光」の角度ならドラマチック!

5月にハネムーン、6月にドイツ旅行、7月に沖縄でお仕事、とここ最近は毎月のように旅に出ていました。
今回はちょっとした私の「旅行中の写真の撮り方」をお伝えしたいと思います。

こちらはハネムーン中の写真。
滞在しているAMANKILAの図書館の前が素敵だなぁ、と思って撮ったのですが・・・

「やっぱりこっち側も素敵!」っと、反対側へまわって撮った写真がこちら。
完全に逆光です。

先ほどの写真と比べて、ここまで明るさが違うのかと驚きますよね。ですが同じ時間「18:26」に撮影したもので数秒の差です。


こんなとき、「暗かった・・・ダメだ」とあきらめてしまいませんか?
わたしは、意外と逆光写真が好きで撮り続けたりします。

明るさをプラスすれば、こんなにお洋服もしっかり見えるようになりますし
撮った時間帯が夕暮れどきなんだなぁって写真から分かるのは、のちのち良い思い出になったりします。

これは、カンボジアのアンコールワットを見に行ったときの写真です。

暗くなってきて、撮れるかどうかギリギリ!ってとき奇跡のショットが撮れました。
現地調達したカンボジアンパンツを履いているのがなんとなく見えますでしょうか?笑


旅行から戻って、写真を見返すときに
日中の〈メイクバッチリ・お洋服も可愛く・キメキメの笑顔!〉そんな完璧な写真しかないなんてつまらなかったりしますよね。

逆光のチャンスがあったら、ぜひ挑戦してみてください。
奇跡の1枚が撮れるかもしれません!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー

メンバー一覧