KAI
kai corporation
替えてる? 1日と15日は”カミソリ交換”の日
beautydiary

<広報K子のビューティー日記Vol.1>え、知らなかった! カミソリの会社に入って初めて知った「替え刃」の大切さ。

PROFILE

広報K子
広報K子 貝印 商品広報担当K子。さそり座、O型、ロングヘア歴8年の25歳。歴史好きの“歴女”で、日本刀が大好きすぎて「刃物の貝印」を志すも配属されたのは広報・宣伝部。ビューティー業界にやや戸惑いながらも体当たりでエンジョイ中!

はじめまして。
広報・宣伝部で、商品広報を担当しているK子と申します。

このたび、僭越ながらこちらでコラムを連載させていただくことになりました。私自身、まだまだ日々勉強中の25歳。読者のみなさんと同じ目線で、等身大の「へぇ〜」や「なるほど」を共有していけたらなと思っています。どうぞよろしくお願いします!


さてそんな、どちらかというと“女子力平均値”でやってきた私ですが(ふだんはほぼほぼナチュラルメイク^^)、貝印に入社してとても驚いたことがあるんです。


それが、「カミソリは定期的に交換する」ものだということ!

みなさん、ムダ毛処理に使っているカミソリ。どのくらいの頻度で交換していますか? じつは、貝印が推奨している頻度は(使い捨てカミソリで)だいたい2〜3週間に1回ていど。カミソリは刃物なので、どうしても“剃り味”が落ちてきてしまうんですね。
(湿気の多いバスルームなんかに置いておくとサビが出やすくなるので要注意。使用後は乾かして、通気のいい場所に保管しましょう!)


「2〜3週間に1度、カミソリ(交換)の見直しを。
剃り味が落ちていないか要チェック!」
です。


これを私は
「1日と15日は“カミソリ交換”の日。」と命名し、こまめな交換を意識してみました。


やってみたら、全然ちがいます!


新しいものをおろした日は、肌の上を滑らすだけでスルンと剃れる。
「うわぁ」です。あの日の感動をもう一度、です。

古いものを使い続けていると、剃り味をカバーするためにどうしてもギュッと肌に押しつけてしまったり、何度もこすって肌を傷めてしまうんですね。

それで、「カミソリ負け」や「肌荒れ」をしてしまうなんてもったいない。カミソリを真摯に作っている弊社のスピリッツに照らして言わせていただきます。切れ味のいいカミソリは肌にやさしい。これ、本当です!!



ちなみに、私の愛用カミソリはこちら。

顔のうぶ毛をクリーム剃りするとお肌がツルツル♡
替え刃があるのでコスパもGoodです。

PRODUCT

bi-hada ompa ホルダー替刃2ヶ付
¥1,080(税込・参考価格)

1秒間に約100回の音波振動。なめらかな円振動でムダ毛にアプローチするので、肌に負担をかけません。

VIEW MORE
bi-hada ompa ホルダー替刃2ヶ付

ということで、1日と15日は「カミソリ交換(を意識する)」の日。
カレンダーを見たら、ちょっと思い出してみてくださいね。


読者のみなさまの“ケアのお時間”が
たのしくハッピーでありますように♡

2018年11月1日

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー

メンバー一覧