KAI
kai corporation

published_2018.11.13

beautydiary

「香水っぽいのは苦手」な人にも褒められる♡ 半径30センチでやさしく香るフレグランス

PROFILE

吉竹美聡
吉竹美聡 モデル 1994年大阪生まれ。高校生の頃よりサロンモデルとして活動。女性ファッション誌やヘアカタログを中心にモデルとして活躍するほか、女性ファッション誌に「気になるおしゃれインスタガールズ」として紹介されるなど注目の的。大阪在住、カフェ好き。

持ち歩ける小さなサイズをポーチにIN!

「なにか良い香りがする」
そう友人から言われた時、嬉しい気持ちになったあのときを忘れません。


香りは自己演出であり、
リラックスやモチベーションアップなど、気分のコントロールにも活用できるアイテム。私もいくつかのフレグランスをその時々で使い分けています。


まずは、
日本発のブランド<LAYERD FRAGRANCE>の
「ボディースプレー フレッシュペア」

カリフォルニアのリゾートをイメージして作られた洋梨の香りで
フルーティー系なのに甘ったるくならず、
これをシュッとかけると気分が落ち着くのでお気に入り♪

レイヤードフレグランスというだけあって
重ねづけしても不快になる事がなく、軽くて爽やかな香り立ちです。


次は、
香水が苦手な方や、潤いを与えながら香りを楽しみたい方にオススメ!
愛らしいこの卵型のハンドクリームは

<CHANEL>「ラ クレーム マン」

キャップを開けて側面をプッシュするとクリームが出てきます。

香りは、万人ウケしそうな控えめのフレッシュフローラル。サラッと肌へ伸びてベタつきません。お友達へのプレゼントにもピッタリ♡


乾燥が気になるこれからの季節は爪先にも潤いを。
<uka>「ネイルオイル ニイイチサン フォー コレット」

このネイルオイルは、パリのセレクトショップ、コレットと<uka(ウカ)>のコラボレーションアイテム! クルクルと転がすロール式で爪先を潤します。

香りは、コレットの店内同様に甘いフィグ。商品名の「213」はコレットが位置するサントノーレ213番地から採用されたそうです。


最後はこちら。

同じくロールオンタイプでフィグの香り、
<diptyque>の「ロールオンフレグランスオイル フィロシコス」

私が最も好きな香りです!
イチジク(フィグ)の香りが存分に堪能できる香り。

イチジクを切ったときの皮の青みや、
したたるような甘さなどが絶妙に再現されていてすごく癒されます。
時間がたつとココナツのような甘さが残るのですが、人工的な甘い香りではなくしつこさもありません。

寒くなってくると、甘めの香りをつけたくなるのは私だけでしょうか?

季節の変わり目、ファッションやメイク以外に
“香り”で新しい自分を見つけるのもオススメです♪

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー

メンバー一覧