KAI

く、く、苦しい。ここ数ヶ月の鬱々したものは一体なんなんだろう。とにかくまったく気が休まらないのだ。事務所にいると家に帰りたくなり、家にいると事務所に戻りたくなり、何を食べたいか?もパッと思い浮かばないし、第一あまり食欲旺盛ともいえない。そんな不調を乗り切るのが今月のテーマ。

思い返せば、春先に見たニューバランスの紺のスニーカーからはじまっている。「取っておいてください」と言っておきながら忘れ、どうせネットで売ってるだろうし・・・と探したら、もう在庫切れ。それどころか倍近くの値段になっていたのだ。そのスニーカー以上に気に入るデザインがあるかもしれない、と欲を出した部分もあるが、それ以上に気になったのは「思い切りの悪さ」。これは私にとって不調の合図。以来、ここは思い切るか、切らないか、と悩むシーンが続いたお陰で気が休まらない。そう、これは周期的に訪れる不調。なので、いつものあのパターンで切り抜けることにした。それはショッピングだ。

私はどこか迷信深いところもあり、「前の日と同じ服ででかけると気持ちもひきずる」という言い伝えをどこか気にしているところもある。同じ靴、同じバック、同じメイクアイテム、同じデニム、同じヘアケア・・・それでいい、と思うときもあるけど、不調のときは充電やメンテが必要だ。

しかも、ほんの少しどこかに変化を加えるだけで、それを軸に新しい風がほわっ~と流れ込んできくる感じは心地のよい刺激になり、その後の流れにいい影響を与えてくれることが多い。ってことで、てっとり早く、六本木や二子玉川、表参道や代官山などの気になるセレクトショップをぐるぐると歩きだす。うわっ、このバック、超トキメク!見ると40万。でも、誰か持ってたような・・・。うわっ、このピアス、手が込んでてかわいい!でも、誰かしてたような・・・。うわっ、このマウスウォッシュ気持ちよさそう!でもレジに観光客の方だらけ・・・。買わずとも、なんだかとっても新しいエネルギーがチャージされてくる。夏に向かって、もっとオシャレ計画立てたい!とか、生脚だせる準備しとかなくちゃとか、こんな物が流行なんだぁーとか。脳がウキウキ活性化して生きる欲が沸いてくるのよね。よし、今日は帰ってクローゼットの整理だわ!

しかし考えてみると、常に昇り調子の女性たちは、昔の写真よりもいまのほうがずっと洗練された美しさを持っていたり、昔となんら変わらない印象だったりする。しかも、そんな人たちが大抵身につけている物は自然とアンテナにひっかかってくるデザインだったり、取り入れ方だったりするものだ。「ね、引っ越すときどのくらいの箱数になるの?」と参考までに聞いてみたところ、40箱が最少。多い人は120箱!「イメルダ夫人のこと笑えないんだよね」。と苦笑する。
世の中捨てる傾向にある中で、忙しいけれど常にアンテナをたてて自分を巡らせられる人って、実は物持ちが多いんじゃないか、っと悟った今月であった。

ムダ毛トリマー

バックレスでも大丈夫。

前がダメなら後ろ姿で女らしさを・・・と背中のゆるっとあいたトップスとか着たくなるシーズン。“果たして、肌見せできる背中だったんだろうか”と大慌てにならないためにも、持っておきたいのがこの「ムダ毛トリマー」。えりあしなどのボディの広め部位はもちろん、V ゾーンのお手入れにも使えるスキコームもセット。どっちの用途本命でも買うのが恥ずかしくないってところもKAIのビューティーツールっぽい上品さがあるよね☆

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー