KAI
結婚式のお金って誰が出すもの?
  • 浩菜:結婚式は自分たちのお金で挙げたいです。私が管理してちゃんと貯めると思います。

    優美:浩菜ちゃんと結婚できる人が羨ましい。

    麻里:私も、親から借りたりせず、自分たちでどうにかやりたいです。
  •  
    結婚式っていくら必要か知ってますか?
    浩菜:500万円くらい。

    麻里:友達が来月、アンバサダー(ディズニーアンバサダーホテル)でやるんですよ。それも500万円くらいって言ってたかな...。

    優依:ハワイでやった友達に聞いたら3 0 0万円くらいだったみたいで。でも日本でもパーティーをしたら結局500万円くらい...。

    優美:結婚式の資金は、親も協力してくれそうですけど、そうすると一緒にいろいろ決めなきゃいけないのかな...。ドレスは自分で選びたいな。でも結婚式って親への恩返しっていう意味もあるから喜んでもらいたいし...。上手に擦り合わせられたらいいな。
生活費は旦那さん、ほしいものは自分で稼いで
  •  
    結婚しても仕事は続けたい?
    優依:はい、続けたいです。今の仕事はフレックス制だから続けられそう。

    浩菜:私も働きたい。フリーランスでやっているのでむしろ子供を産んでもできるようにしていきたいなって思ってます。

    麻里:私も。モデル以外に広告代理店でお手伝いもしてるんですけど、どちらも結婚しても続けられそうだし。

    優美:ほしいものをねだるよりは自分で買いたい! そのために仕事は続けたい。でも無理にならない程度で仕事ができたら一番良いなって思います。

    浩菜:旦那さんのお金で生活できたとしても、自分が管理しないと不安だから管理したい。
  •  
    お金の管理ってどんなこと?
    浩菜:家を買うときだとか、そういう手続き的なことは全部自分も一緒にやりたくて。
  •  
    どうやってお金のことを勉強したんですか?
    浩菜:元々は、ファイナンシャルプランナーの資格を持ちながら、保険会社で一生にかかるお金などを見せながら説明して、いろんな家庭を見ているうちに自分も不安になって...。今はフリーランスで女性向けのマネーコラムとかを書く仕事をしています。最初は個人相談をしてたんですけど、いかんせん年が若かったりするので若い人たちにお金や経済の話を伝える、みたいな役割でコメンテーターをしたりだとか。

    優美・麻里・優依:かっこいいよね!
幸せだな~って思えるほっこり家族が理想です♡
  •  
    理想の夫婦像ってあったりしますか?
    浩菜:海外でよく70~80 代くらいのおじいちゃんおばあちゃんが仲良く手をつないで歩いていたりするのを見ると「あ~なんて幸せなんだろう」って思うので、ああいう風になりたいなって。

    麻里:両親が仲良くて、この前も2人で東京デートに来ていたくらいで。家族4人で旅行や映画に行ったりと家族で動くことが多いので、そういう風に家族で動けるっていいなって思います。

    優依:私も家族仲が良いのは大事だなって思っていて、お互いがお互いの家族を大事にできて、みんなで集まって行事を楽しみたい。

    優美:私のところも両親が仲良くて、週末いつも2 人でデートに行っている。ケンカは勃発するんですけど、その分仲が良いのも伝わってきます。家族のLINEがあって、2人(両親)の写真が送られてきて反応に困っちゃうくらい(笑)。相手の家族とも仲良くしたいなって思っていて、彼のお父さんにみんなでご飯に連れて行ってもらったりしているので、これからもずっと続けていきたいです。

引き出物にもらってうれしいビューティーギフト

地域によって変わるものの、引き出物の相場は披露宴における1人当たりの飲食費の3分の1程度が目安。最近は、新郎新婦があげたいものではなく、ゲストがもらってうれしいものをセレクトするのが新定番。ゲストの性別・世代などに合わせて贈り分けする“おもてなし”の傾向が見られます。そこで、引き出物としても最適のビューティーツールをご紹介!

  • A. KOBAKO ホットアイラッシュカーラー “折りたたみ式”のホットビューラーは持っていない人が多く、ギフトに喜ばれる率高し! 折りたたむとリップサイズになり、持ち歩きやすいのがポイントです。
  • B. KOBAKO nails コンパクトネイルファイル コンパクトなネイルファイルは、バッグの中に入れておいても邪魔にならないサイズ感。ジェルネイルにも対応しているから、爪が欠けた不快感も即解消♪
  • C. KOBAKO アイラッシュカーラー(センターカール) まつげの中央部分をカールしてキュートな印象に。センター用なので目の形を問わず、多くの女性と好相性。スリムなフォルムも人気の秘訣です。
  • D. KOBAKO ツィザー 細いうぶ毛や短い毛も確実にキャッチしスムーズに抜けるのは、先端の斜めカットがポイント。誰もが使うツィザーは、年代問わずプレゼントに最適です。
  • E. KOBAKO アイブロウシザーズ 眉毛の根元からカットして、キレイに仕上げてくれる眉用ハサミ。シンプルなデザインと使い心地は使う人を選ばず、誰からも重宝されるはず。
Photo : Kentaro Abe/Text : Naoko Hirose
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー