KAI

今年のハロウィン、何する?
仮装やメイクのポイントも教えて!

今や、日本でも秋の一大イベントとなったハロウィン。仮装やパーティーをオシャレに(ときにハジけて!)楽しんでいる経験者3人に、今年流行そうな仮装やメイクのポイント、つけまつ毛の活用法などハロウィンを楽しむポイントを聞きました♪

ABOUT MEMBER'S

山口 陽花
山口 陽花(35) ポーセラーツ教室主宰 美容師時代には「CanCam」など、OLに転職後は「AneCan」などの読者モデルとして活躍。現在は1児のママとして「saita」などでママモデルとして活動するほか、ポーセラーツ教室を主宰する。
笹口 直子
笹口 直子(32) モデル 高校生の頃には「プチセブン」、専門学校生の頃には「PS」や「CUTiE」の読者モデルとして活動。現在はママモデルとしてテレビやCM、女性誌やママ雑誌などで幅広く活躍中。
中道 あすか
中道 あすか(31) ライター 大学卒業後、アパレル会社へ入社。プレスチーフとして活躍する。現在は1児のママであり、WEBライター、読者モデル、ブロガーとして活動している。

今年はどんな仮装して、どこで楽しむ?

セーラームーンにミニオン、ドラえもんにも挑戦!
  •  
    今年のハロウィンは、どう楽しむ予定ですか?
    あすか:今年はママ友と親子で集まって親子で仮装パーティーをしようと思っています。

    直子:幼稚園のお友達と、モデル友達と、ママだけ、と何回もしますよ。

    あすか:息子がようやく立てるようになってきたので親子リンクが楽しめるようにしたいですね。ママとしてもやりやすい魔女の宅急便をするつもり。ネイビーのワンピースが家にあったので、それに赤いリボンつけてキキ、子どもはクロネコっぽくしてジジ、といった感じで。

    直子:小さい頃にセーラームーンを見ていた世代だから、ママだけのパーティーのときはセーラー戦士になります! ちなみに私はジュピター。あと、ミニオンもやりたい。黄色いセーターにデニムとゴーグルがあればできるから。

    あすか:ママだと私服でアレンジできるくらいがラクだよね!

    直子:地元から着ていけるしね。

    陽花:着ていかないでしょ(笑)。

    直子:でもコートを脱いだらすでに仮装できている方がラクでしょ?

    陽花:今年は息子がのび太くんをやりたいって言ってるから、私はしずかちゃんかな。

    直子:ドラえもんやればいいじゃん! しずかちゃんだとわかりにくくない?

    陽花:ピンクのポロシャツを着て、スカート履けば大丈夫じゃない?

    直子:かわいいドラえもんにすればいいじゃん、全部青くしないで。

    陽花:ドラえもんか…着ぐるみ、着てみようかなぁ。
ホームパーティーのテーブルコーデ術
  •  
    パーティーって、どんな場所ですることが多い?
    陽花:絶対個室! カラオケとかママカフェとかを貸し切ったりして。

    直子:今年は代官山のお店でやります。写真を撮るにしてもかわいいし。

    あすか:アパレル時代には、同僚たちと渋谷のダイニングバーの個室を貸し切ってやりましたね。偶然、その個室の壁が紫色だったから、ハロウィン感も出てよかった!

    直子:あとはホームパーティーだったり。
  •  
    テーブルコーデをかわいくするポイントってどういったところですか?
    直子:まずテーマカラーを決めるんですよ。ハロウィンで大人っぽくするんだったら黒を多めにしたり、子どもが喜びそうな感じにしたいときはオレンジや紫を多めに。お皿が柄ものだったらペーパーや他のものをシンプルにします。

    陽花:確かに、ハロウィンカラーでまとめてごちゃごちゃしない方がいい気がする。

    直子:みんなでパーティーをするときは、誰が何の料理を作ってくるか事前に決めて。シュークリームを作ってきてもらったり、そこにチョコでジャック・オー・ランタンっぽく顔を描いて、統一感を出したりもします。
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー