KAI

男性は間違ったところに力を入れてる!?
理想のクリスマスの過ごし方

ハロウィンが終わるともう気分はクリスマス。何をプレゼントしようか、どういう過ごし方がいいか悩んでいる男性も多いのでは? でも意外に女性はそんなの望んでいないかも。実際にほしいプレゼントや理想の過ごし方など、ホントのところを教えてもらいました。

ABOUT MEMBER'S

稲本 美和子
稲本 美和子(30) モデル 19歳から雑誌「ViVi」「JELLY」「BLENDA」などの読者モデルとして活動。現在は雑誌「CLASSY」などの読者モデル、サロンモデル、WEBモデルとして活躍中。
井村 亜里香
井村 亜里香(26) モデル・puaプロデューサー 読者モデルを目指し18歳で青森から上京。109のショップスタッフとして働きながら雑誌の読者モデルやサロンモデルとして活動。アパレル経験を活かし、現在はアクセサリーブランド「pua」をスタート。
山口 陽花
石田 美奈子(28) モデル 青文字ミックススタイルを得意とし、「PopSister」「SEDA」「mina」などの読者モデルとして活動。現在は「CLASSY」などの読者モデル、サロンモデル、WEBモデルとして活躍する。

ホントにほしいプレゼント、コーデ&メイクのこだわり

思い出に残っているクリスマスって?
  •  
    今年はどんなクリスマスを過ごしたいですか?
    美和子:今年はまだ決まってないですけど、温泉とかでのんびり過ごせたらいいなって思っています。

    美奈子:まだ何も考えてない…。でもみんなでワイワイ過ごしたいな。

    亜里香:私もみんなでワイワイしたい。
  •  
    みんなってどれくらいの人数で?
    美和子・亜里香:5〜6人かなあ。

    美奈子:20人くらい!(笑)

    美和子:この3人も含めてみんなで集まる会があって、この前もハロウィン兼バースデーを合同で20〜30人くらいでやりました。クリスマスもやるんじゃないかな?
  •  
    去年はどんなクリスマスを過ごしましたか?
    亜里香:女友達6人で横浜のベイサイドマリーナホテルのスイートルームを借りてピザを頼みました。みんなお酒を飲まない子だったから、ご飯と飲み物も入れて6,000円くらい。

    美和子・美奈子:え〜安い!

    美奈子:私はみんなでワイワイすることが好きで、20人くらいでイベントスペースを貸し切ってパーティをしました。

    美和子:私は熱海の温泉に泊まって花火を見て、次の日に帰ってきてプレゼント交換をして焼き肉を食べて。のんびり過ごしましたね。
  •  
    今までで一番思い出に残るクリスマスは?
    美和子:友達のお店を貸し切って、みんなでサンタの格好をしてご飯食べてプリクラ撮ってっていうのが青春っぽくて楽しかった!

    美奈子:クリスマスプランとかでパーティー用に借りられる渋谷のホテルがあって、食べ物と飲み物を持ち込んでみんなで過ごしたのが楽しかった。部屋もキレイだったし!

    亜里香:2年くらい前に、彼と雰囲気のいいレストランを予約して食べに行ったこと!夜景もキレイでたまにはこういうのもいいなと思いました。クリスマスって24日と25日の2日あるので、1日は友達とワイワイして、もう1日は彼と過ごすのが理想です。

特別な日のコーデ&メイク

  •  
    特別な日のファッションはどうやって決めていますか?
    美和子:いつもとは違って、女子っぽいホワイトとかニットとか、男性の好みそうなものは意識します。でもシンプルに!

    美奈子:行くお店によって決めます。レストランとかだったらキレイなワンピとか。

    美和子:外にお出かけするときはクリスマスっぽさを意識するならニットワンピとか。いつもより色もキレイなものを選びます。メイクは、リップは真っ赤とかよりはナチュラルなピンクベージュでかわいい系を選んで。グロスも塗り過ぎないように注意します。
  •  
    クリスマスデートのバッグは、やっぱり小さめが主流?
    美奈子:うんうん! なるべく小さくしたい!

    美和子:リップとケータイ、お財布、ハンドクリーム。

    美奈子:え、ハンドクリーム? 保湿命?(笑)

    亜里香:私は塗れる香水みたいなものも。

    美奈子:リップは絶対。あとフェイスパウダーは持っていきます。

    亜里香:目薬も。

    美奈子:目薬は絶対いるよね。アイメイク用品とか持ち歩かないです。目って崩れなくないですか?

    美和子:綿棒は持っていくけど、たしかにそんなに目って崩れないかも。鼻とかのテカリはあるからパウダーは持っていくよね。
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー