KAI

今春のトレンドファッション&へアメイク
大人のキレイのヒント、教えちゃいます!

今回のメンバーは、キレイを追求したスペシャリストたち。アラサーだからできる“引き算ビューティー”を教えてもらいました。見た目だけではなく体の中からキレイになれるようなアイデアばかりだから、若い人もアラサーの人もキレイを長く継続したいなら参考にしてみて!

ABOUT MEMBER'S

長屋 なぎさ
長屋 なぎさ(29) ライフスタイルプランナー アパレル会社を経て、ライフスタイルプランナーとして27歳で独立。食べることの大切さや食が進むようなインテリア雑貨などの提案をしている。著書に『なりたい自分になる方法』(サンクチュアリ出版)がある。
福井 仁美
福井 仁美(29) タレント TBS系「王様のブランチ」で約8年間リポーターを務め、現在はラジオパーソナリティーとしても活躍中。リポーター経験で培った美しく見える作法や仕草、言葉などを元に執筆した『大人美人になるレッスン』(日本文芸社)が発売中。
佐藤 しずか
佐藤 しずか(27) beauty salon totto経営者・エステティシャン アパレル勤務後、自身の肌荒れに悩み、勉強や研究を重ね、22歳でフェイシャル専門のエステを自宅で開業。口コミで人気が広がり、現在は六本木に店舗を構えている。今年3月には場所を移し、新たに再オープン予定。

大人になったら“引き算”が大事なポイント

食事から変えることで、肌ツヤも良くなる
  •  
    まずは3人の関係性を教えてください。
    なぎさ:私がふたりと友達なんです。しずかちゃんはエステティシャンで肌のスペシャリスト。仁美ちゃんは仕事柄、やっぱり流行に敏感で情報通。そんな二人と春のトレンドについて話したいと思って、今日は来てもらいました。

    しずか:なぎさちゃんは2週間に1度は私のサロンに来てくれて、肌のメンテナンスをしているんです。肌質はみんな違うから、お客様によってすべてコースが違います。

    仁美:日焼けのシミやニキビ痕なんかも消えちゃうんですか?

    しずか:個人差はもちろんあるんだけど、薄くなるのは確実。シミを消すことだけじゃなく、元々の肌質を改善できるような施術やアドバイスをしています。でも仁美ちゃんは小麦肌が良く似合っているし、肌がとてもキレイですね!
  •  
    普段から気を付けていることはありますか?
    仁美:朝、フルーツで糖分を、昼はお肉でエネルギーを、夜は大豆系などでたんぱく質を摂るようにして、バランスの良い食事を心がけています。

    なぎさ:うん。そうやって食事から変えることで全然違うよね。肌ツヤも良くなるし健康的にもなる。しずかちゃんのサロンに通うことで肌質も本当に変わったし、体の中からキレイになっていくのが自分でわかるもの。

    しずか:朝起きたら温かいお湯にレモンを絞って飲んでみて! 体も温まるし、新陳代謝もよくなるからおすすめだよ。

    なぎさ・仁美:やってみる!
この春はくるぶし丈のボトムが流行る!?
  •  
    ところで、今春のトレンドは何がくると思いますか?
    仁美:今まではロールアップにしていたけど、ボトムはくるぶし丈が流行ると思う。スニーカーにもパンプスにも合うし、これからは柄や素材よりも丈に注目したい。

    なぎさ:そして、シャツね。私たちのアラサー世代はカジュアルの格好をするにも上品さを取り入れていきたい。シャツはカジュアルにもフォーマルにも見せられるし、必ず押さえておきたいアイテムだよね。

    しずか:シャツを腕まくりして少し着崩すのもポイント! そうすると腕まわりが寂しくなるからブレスレットなどでアクセントをつけたいよね。

    仁美:片手は幅広めのバングルで、もう片方はジャラジャラと細いのを2、3本つけるのが今春アクセの定番になると思う!

    なぎさ:アクセで遊びを取り入れるのは大切! シャツで上品さ、デニムでカジュアルさ、そしてアクセで遊びを取り入れる。その3大要素でおしゃれな大人コーデが完成!

    しずか:うん。20代前半まではアイテムをたくさん身につけるのがおしゃれだと思っていました。でもtoo muchはキケンだと気づいた(笑)。

    仁美:盛ってなんぼ! みたいな。引き算って何? って感じだったもんね(笑)。

    なぎさ:だけど、今は引き算がおしゃれには重要だなって思います。全身のコーデをシンプルにまとめるならアクセでインパクトを出す、みたいなね。
  • しずか:メイクもそう。ベースは薄くして素肌感を出して、アイラインも目尻のみ。だけど、マツエクで目元の輪郭はナチュラルにアピールします。

    なぎさ:ヘアもそうだよね。巻くことで足し算、それをほぐしてまとめることで引き算にする。そういった足し算と引き算をミックスさせることが重要。

    仁美:うん、うん。せっかく巻いたのに結んじゃうみたいな(笑)。そして、流行はもちろん取り入れたいけど、そのまま取り入れるんじゃなく、自分流にアレンジするのが大切だと思います。いくら流行っていても似合う似合わないは必ずあるのだから、まずは自分をよく知ることも大事ですよね。

    なぎさ:それが一番大事かも!? 10人が10人、同じメイクをしたって同じ顔にはならないでしょ。自分の顔にあったメイクを研究しながら見つけていく。コンプレックスをどうカバーするのか、アピールしたいところはどう主張するか。足し算と引き算をうまく使い分けて自分らしさを生かすのが重要だよね!

    仁美・しずか:ほんと、それ!
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー