KAI
kai corporation

published_2015.07.25

How to make Your eyelashe

プロの技をツールで再現!目ヂカラアップの3ステップ

目元を魅力的に見せてくれる、きれいにカールした上向きまつ毛。
でも、マスカラがはみ出したり、カールがすぐにとれてしまったり、まつ毛メイクって難しいですよね。
そんなときに使いたいのが、プロの知恵から生まれた優秀ツール。
3ステップで目ヂカラを上げる、基本のテクニックを紹介します。 Photo : Toru Matsushima / Hair & Make up : Noriaki Uesugi / Model: Yukimi Matsui / Writing: Kano Numata

大人の目ヂカラは、まつ毛で決まる

ふし目がちになったとき、パッと目をあげてほほ笑んだとき・・・。
ふとした瞬間に色っぽさが際立つのが、優雅にカールした長いまつ毛。
まつ毛が上向きだと、顔全体がキュッと上がって見えるし、横顔の完成度も違います。
でも、細かい作業が多いまつ毛メイクは、苦手な人も多いはず。
大切なのは、ひとつひとつの工程を丁寧に仕上げること。
アイメイクを知り尽くしたプロが開発したツールを使えば、
簡単3ステップで美しい目元が完成します。

カーラーで
まつ毛を広げる

まつ毛の根本にカーラーを入れて、しっかりとカール付け。カーラーを少しずつずらしながら、先端に向けて丸みを付けていきます。カーラーの形でまつ毛の印象が変わるから、好みに合わせてチョイスして。

KOBAKOアイラッシュカーラー(センターカール)

山型のカーブがまつ毛のセンターをくるっとアップ。ぱっちりキュートなまつ毛になれるのはもちろん、コンパクトで携帯にも便利。

マスカラガードを当てて
マスカラを塗る

絶妙なカーブがまぶたや頬にフィットして、マスカラ汚れを防いでくれるマスカラガード。立体的なハンドルが持ちやすく、下まつ毛までしっかりカバー!コツは、メモリのような「きざみ」をまつ毛の根本に差し込むこと。まつ毛が扇状に立ち上がり、きれいなセパレートまつ毛が簡単につくれるんです。忙しい朝でも完璧な仕上がりに。

Q・E・Cまつ毛が広がるマスカラガード ピンク

まつ毛のラインに合わせて当てると、まぶたにマスカラが付くのを防げる便利なツール。マスカラのダマをとるコームつき。

ホットアイラッシュカーラー
の場合はマスカラを
塗ってから!

上質なカールを1日中キープしたいなら、ホットアイラッシュカーラーを使うのもおすすめ。マスカラを塗ってまつ毛をコーティングしてから、まつ毛の根本にそっと当てるだけ!新発想のヒートパネルが、まつ毛をクルンとかわいくカールアップしてくれます。

ホットアイラッシュカーラー

メイクアップアーティストの中野明海さんと貝印が共同開発したホットカーラー。セパレートコームでダマを取りながらカールアップしたり、先端のポイントコームでまつ毛を微調整したりもできます。コンパクトな折り畳み式で携帯に便利。

まつ毛をコームでとかす

厚ぼったいヒジキのようなまつ毛は、大人の目元にはトゥーマッチ。コームでしっかりとかしてダマをとり、くっついたまつ毛を離しましょう。マスカラが軽く乾くまで待ってから、好みのボリュームが出るまでこの工程を繰り返して。最初からマスカラ液をつけすぎると、カールが落ちやすいので注意。

ナチュラルなのにハッとするほど美人に見えるのは、
ダマやくっつきのない繊細で整えられたまつ毛のおかげ。
メイクのプロのアイディアが満載の優秀ツールを使えば、忙しい朝でも上手に仕上げられます。
大人の目ヂカラで差をつけて、美人度もアップしちゃいましょう。

使用アイテム

  1. 01 KOBAKO アイラッシュカーラー(センターカール)

    目をぱっちりと大きく見せる山型カーブが特徴の、コンパクトなアイラッシュカーラー。

  2. 02 ホットアイラッシュカーラー

    人気メイクアップアーティストの中野明海さん監修。プロが求める美しいカールが1日中続く、折り畳み式のホットアイラッシュカーラー。

  3. 03 Q・E・C まつ毛が広がるマスカラガード ピンク

    マスカラからまぶたをガードするマスカラガード。下まつ毛にも使って完璧な仕上がりに。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー