KAI

HOW TO 新生活のはじまり、休日デートetc.
シーン別で眉を変えて“なりたい私”になる

眉毛は人相学で「人間性」を表すと言われていて、顔の印象を決める大切なパーツ。でも、つい剃りすぎてしまったり、左右アンバランスになってしまったり、どんな形に描いたらいいのかわからず悩む人も多いもの。そこで今日は、シーンに合わせて3パターンの眉メイクの方法をご紹介。仕事で勝負するとき、パートナーとの憩いのひととき、はじめましての出会いのとき…。予定に合わせて眉を変えて、いろんな自分を楽しんで♪

新生活! だれでも美人眉で『はじめまして』

出会いの春、「はじめまして」のシーンも多くなる季節です。そんなときには誰からも「あの子、美人!」と好感を持たれるナチュカワ眉がおすすめ。美人眉の黄金比は「右目:左目:眉間=1:1:1」です。眉山を作りすぎず、なだらかにするとナチュラルで親しみやすい印象もプラスされますよ。

“だれでも美人眉”HOW TO

理想の黄金比を叶えられる「だれでも美人眉」のアイブローガイドを使用。眉山に合わせて左右対称になるようにアイブローガイドを当てます。

アイブローガイドからはみ出した眉をハサミで整えます。短い毛は毛抜きを使って整えて。

続いて、眉を描く部分だけがくり抜かれたアイブローテンプレートを当てて、眉を描きます。濃くなりすぎないように、パウダーで少しずつ重ねるのがポイントです。

recommend item アイブローガイド だれでも美人眉
アイブローテンプレート だれでも美人眉 理想とされる「右目:左目:眉間=1:1:1」の黄金バランスを作れるアイテム。360度どこから見ても好感抜群の、ナチュラルで洗練された眉に仕上がります。

仕事をがんばりたいときは、おとな美人眉で勝負!

凛としたおとな美人眉で、仕事がデキる女に変身! 眉山を作ることでキリッとした表情になります。ポイントは眉山を少し内側に描くこと。そうすることで、大人っぽいのにマイナス5歳の可愛らしさと華やかさも演出できます。眉は少し濃いめに描くと、視覚効果で顔全体がキュッと引き締まります。

“おとな美人眉”HOW TO

凛とした表情を作る「おとな美人眉」のアイブローガイドをセット。眉間から眉山にかけてのラインに角度がついているのが特徴です。

ガイドからはみ出した毛をカットしていきます。眉を整えるのが苦手な人もカンタンに左右対称の眉を作れるので便利。

次に、アイブローテンプレートを当て、ペンシルで埋めていきます。眉が薄い人はまずはペンシルで描いてからアイブローでぼかして。眉頭から眉下までのラインをしっかり取ると凛とした印象に。

ポイントとなるのは眉頭から眉山にかけてのラインを濃く描くこと。ブラシでしっかりボカせば自然で洗練された仕上がりになります。

recommend item アイブローガイド おとな美人眉
アイブローテンプレート おとな美人眉 眉山を少し内側にすることで、可愛らしさをキープ。凛としてるのに女らしさも忘れない絶妙なラインを描けるアイテム。マイナス5歳眉が叶います。

休日デートは、素直になれる愛され美人眉で♡

彼と過ごすオフの日には、無防備でどこか隙のある「愛され美人眉」でくつろいで。愛され美人眉のポイントは3つ。眉間の幅を広めにすることと、太くふんわり描くこと、そして眉山の下の三角地帯を埋めること。甘くイノセントな雰囲気をまとえば、心もきっと素直になれるはず。オンとオフの切り替えもできるから、働き女子にもおすすめです。

“愛され美人眉”HOW TO

「愛され美人眉」のアイブローガイドを当て、ガイドからはみ出した毛をカットしていきます。全体的に太めで、なだらかなラインが特徴です。

「愛され美人眉」のアイブローテンプレートでふんわりした太眉に。眉下の三角地帯からアイブローを重ねていき、眉頭や眉尻はぼかす程度に埋めると上手に描けます。

眉下の三角地帯の毛量が少ない人は、テンプレートを外したあと、左右のバランスを見ながら筆で重ね塗りします。この地帯を埋めることで一気に甘い表情に。

最後にブラシで毛流れを整えつつ、全体をぼかします。特に眉山の下の三角地帯と眉頭は入念にぼかして柔らかく仕上げて。

recommend item アイブローガイド 愛され美人眉
アイブローテンプレート 愛され美人眉 ふんわりとした少し太めのトレンド眉が簡単に描けます。眉間の幅を少し広めにすることでイノセントな印象に。今まで流行の太眉にトライできなかった人にも◎

おすすめのBEAUTY TOOLはこれ!

Hair&Make-up:Kazunori Sasaki(M’s up)/Photo:Emiko Yamabe/Model:Haru Izumi/Text:Yuriko Isayama
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー