KAI

HOW TO <Part 1>“マイブラシ”こそ
メイク上手になれる魔法のツール

“プロ仕様”のイメージが強いブラシですが、最近はブラシを巧みに使うメイク上手な女性も増えています。例えばツヤ感やチークがポイントとなるトレンドのヘルシーメイクは、上手にツヤが出せなかったり、チークが濃すぎてしまったりしてなかなかうまくはいかないもの。だけどブラシがあればそんな悩みもご無用! 今回は、パッと華やぐヘルシーメイクの作り方をご紹介。マイブラシでメイクをアップブレードしませんか?

ブラシを使えば楽々!
HAPPYチークのヘルシーメイク

パッと華やぐヘルシーなメイクは、少し頬の高い位置に入れたコーラル系の優しいチークがポイントです。そのチークを引き立てているのが、ブラシで丁寧に仕込んだシェーディング。ヘルシー感を引き立てるためにアイメイクは控えめにします。ラインを使わず、アイシャドウブラシを使ってアイシャドウだけでメリハリを出すことで柔らかく仕上がります。

HOW TO シェーディング

①三角地帯に影をつける
耳の横、エラ、あごの3点を結ぶ三角地帯をブラシで埋める。立体感が出て顔がキュッと引き締まります。

②首との境目を自然にぼかす
①でシェーディングした部分と首の色に違いが出ないように、ブラシでぼかして自然に仕上げます。

recommend item cosmeup 10 スライドフェイスブラシ 毛の長さを2段階に調整できるから、ふわっと広範囲にパウダーをのせたいときも、狭い部分に陰影をつけたいときにも大活躍。携帯に便利なスライド式。

HOW TO チーク

①チークをとって手の甲で馴染ませる
チークを上手にのせるコツは少しずつ色を足すこと。トゥーマッチにならないよう余分な粉は落とします。

②頬骨の高い位置に横長に!
少し高めにチークを入れると若くてヘルシーな印象に。横長にブラシを入れてハッピー感をプラスして!

recommend item cosmeup スライドチークブラシ 山羊毛を使った柔らかなブラシ。携帯できるスライド式だから、夕方のメイクのお直しにも役立ちます。

HOW TO アイシャドウ

①アイホールにベースカラーをON
アイホール全体に、陰影の出る薄いブラウンをのせる。目頭から目尻に向かってふわっとブラシを滑らせて。

②濃いブラウンをライン変わりに
濃いブラウンをアイライナー変わりにブラシで引く。目尻は2mmほど長めに引いてぼかすと目力アップ。

③下まぶたにもブラシでアクセントを
②で使った濃いブラウンを下まぶたにもオン。アイラインを引くのと同じ要領でブラシでふんわり色付けます。

recommend item cosmeup 40 アイシャドウブラシ 柔らかな肌あたりのアイシャドウブラシ。ひとはけでアイホールに均等に美しくシャドウをのせることができます。
recommend item cosmeup 50 シャドーライナーブラシ 粉含みがよい繊細な毛先が目のキワにフィットするのでライン使いにも最適。スムーズにさまざまなラインを引くことができます。

おすすめのBEAUTY TOOLはこれ!

  • cosmeup 10 スライドフェイスブラシ
    携帯に便利なスライド式。毛の長さを2段階に調整できるから、ふわっと広範囲にパウダーをのせたいときも、狭い部分に陰影をつけたいときにも大活躍。
    cosmeup スライドチークブラシ
    山羊毛を使った柔らかなブラシ。携帯できるスライド式だから、夕方のメイクのお直しにも役立ちます。
    cosmeup 40 アイシャドウブラシ
    柔らかな肌あたりのアイシャドウブラシ。ひとはけでアイホールに均等に美しくシャドウをのせることができます。
    cosmeup 50 シャドーライナーブラシ
    粉含みがよい繊細な毛先が目のキワにフィットするのでライン使いにも最適。スムーズにさまざまなラインを引くことができます。
Hair&Makeup:Cocoro Yusa(PEACE MONKEY)/Photo:Junji Moroi(Rooster)/Model:Yu Takahashi/Text:Yuriko Isayama
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー