KAI

HOW TOネイルケア辞典Vol.3☆
ネイルオイルでうっとり”爪育“始めましょ♡

ネイルだって体の一部なのだから、しっかりトリートメントしてあげることが大事。ネイルオイルやキューティクルオイルなどのネイル専用オイルで、こまめに保湿&爪の血行促進をしてあげましょう。ケアをすれば爪の強度が高くなり、美しい爪が育ちますよ。

爪に栄養を与えてあげよう

爪の形を整えるにはある程度の長さが必要なため、爪が短い人はまずは爪育からスタートしましょう。やり方はカンタン。ネイルオイルを爪の根元の甘皮部分につけて、マッサージしながら爪の生え際や爪の表面に伸ばすだけ。ネイルオイルは浸透力に優れているので、ささくれケアにも効果テキメンです。

①まずはボトルの淵でオイルの量をトントンと調整する。
②指と爪の境目にある甘爪にちょこんとつける。思っているよりも少量で◎。
③オイルで指先をマッサージするように揉み込む。爪の表面にも伸ばせば保湿もばっちり。
④ケア直後にネイルカラーを塗ると油分ではじいてしまうので、ケアタイムは別枠で♡

仕事や家事で疲れたとき、ネイルオイルの香りに密かに癒やされるもの♡

ネイルオイルできちんとケアすると、爪の体質が変わってくるのを実感するはず。オイルのいい香りに癒やされて、心をリラックスさせる効果もあります。ロールオンやマニキュアタイプなど、さまざまなタイプがあるので、お気に入りのネイルオイルを探してみてくださいね。

ネイルケアにおすすめのアイテム

  • 甘皮ニッパー
    爪の根元に溜まった甘皮は専用ニッパーできれいに除去。ツメ側面のささくれなど細かな部分もキッチリ根元から断ち切ります。
高橋晶子
ネイルケア辞典:監修高橋晶子ネイリスト 1982年生まれ。ネイルサロン店長、ネイルスクール講師を経て2011年に独立。2014 年、都内にプライベートサロン「ars(アルス)」をオープン。現在は、ネイリストのプロ養成事業や独立開業サポート、一般の女性向けのセルフネイルレッスンにも精力を注いでいる。
Illustration:Miyu/Text:Yuriko Isayama
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー