KAI

HOW TO ネイルケア辞典Vol.5☆
私に似合う形はどれ? ファイリングで作る5つの形

ファイリングとは爪専用のやすりを使って爪の形を整えること。デザインやカラー選びも大切ですが、爪の形こそ印象を左右する大きな要素です。爪の強度や形によって似合う形も人それぞれ。自分にぴったりの形を見つけることがセルフネイルをより楽しく&持ちをよくするコツです!

基本となる爪の形は5種類

基本となる形は全部で5種類あります。

「スクエア型」
先端が四角いフォルムになっている形。爪先が真っ直ぐなので負荷が均一にかかり強度があります。
爪が平べったい人に向いています。

「スクエアオフ型」
スクエア型の角を丸くした四角いフォルム。比較的折れにくく、デザイン性が増します。
爪が小さめの人や自爪の弱い人に向いています。

「ラウンド型」
スクエアオフをさらに丸くしたもので、上品な印象を与えてくれる形。誰にでも似合う形で女性らしく仕上がります。
短くてもキレイに見えるので、ショートネイルさんにもおすすめ。

「オーバル型」
ラウンドの角をさらに削り、卵のようなフォルムにしたもの。縦長効果で指先を華奢に見せてくれます。衝撃にはやや弱いですが、トレンドの形のためネイルサロンでも人気です。

「ポイント型」
オーバルよりもさらに先端をスリムにした形。おしゃれな印象になりますが、割れやすく折れやすいのが難点です。

それぞれのライフスタイルや自爪の形、なりたいイメージによって、どれを選ぶか考えるのも楽しいですよね。

ファイリングにおすすめのアイテム

  • BloomNailキャップ付きツメヤスリ
    粗い面で形を整え、細かい面でなめらかに仕上げます。やすりは往復させず、一方向にのみ動かすことが二枚爪を防ぐコツ! 細長くコンパクトなフォルムでキャップ付きだから携帯にも便利です。
高橋晶子
ネイルケア辞典:監修 高橋晶子 ネイリスト 1982年生まれ。ネイルサロン店長、ネイルスクール講師を経て2011年に独立。2014年、都内にプライベートサロン「ars(アルス)」をオープン。現在は、ネイリストのプロ養成事業や独立開業サポート、一般の女性向けのセルフネイルレッスンにも精力を注いでいる。
Illustration:Miyu/Text:Yuriko Isayama
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー