KAI

HOW TOネイルケア辞典Vol.9☆
ベースコートとトップコートの役割をおさらい

ベースコートとトップコート、その役割の違いを知っていますか? 両方とも透明なので一見区別がつきづらい2つですが、実はそれぞれちゃんと役割があるんです。正しく使うことでネイルの発色やもちのよさなど、仕上がりをよくしてくれるものなので、これを参考にセルフネイルをワンランクアップさせてください。

用途によって使い分けよう
ベースコートとトップコート

● ベースコートの役割
ベースコートは、ネイルカラーを塗る前に塗るもの。
マニキュアが爪に色移りすることを防いでくれるとともに、爪の表面を整えなめらかにしてくれます。 そうすることでネイルカラーが塗りやすくなり、発色もよくなります。
ビタミンEなどが配合され、爪へのトリートメント効果が高いものもあるので、ネイルを塗らない日にベースコートだけを塗って爪をケアするのも◎。

● トップコートの役割
トップコートはネイル表面にツヤを与えてくれると同時に、表面をコーティングすることでカラーをはがれにくくするグロスのような役割があります。最近はジェルのようなぷっくりした質感に仕上がるものや、ネイルカラーの上から塗るだけでマットな質感に仕上がるものなど種類もさまざま。お仕事の都合でネイルカラーができない人は、トップコートだけ塗ってツヤをプラスするのもおすすめですよ。

高橋晶子
ネイルケア辞典:監修 高橋晶子 ネイリスト 1982年生まれ。ネイルサロン店長、ネイルスクール講師を経て2011年に独立。2014年、都内にプライベートサロン「ars(アルス)」をオープン。現在は、ネイリストのプロ養成事業や独立開業サポート、一般の女性向けのセルフネイルレッスンにも精力を注いでいる。
Illustration:Miyu/Text:Yuriko Isayama
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー