KAI

HOW TOネイルケア辞典Vol.10☆
爪を保護して整えるベースコートの塗り方

ネイルカラーが爪に色移りしないように爪を保護し、カラーがしっかりつくように爪表面を整えてくれるベースコート。ネイルカラーをよりきれいに塗るために、ベースコートの塗り方にもコツがあります。今日はベースコートの塗り方をおさらいしましょう。

ポイントは薄く均等に塗ること

ネイルカラーを塗る前に欠かせないベースコートですが、厚く塗りすぎると主役であるネイルカラーを塗ったときにムラが出てしまうため、均等に薄く塗ることがポイントです。

①容器のフチでベースコートの量を調整します。このとき筆をやわらかくするために扇状になるように筆先を優しくしごいてください。

②塗布はまずセンターから。甘皮ギリギリに筆を下ろしたら、爪先まですっとひとはけ。

③爪が長い人は裏側を塗るのもお忘れなく。爪の強度を上げてくれると同時に、ネイルカラーがはがれるのを防いでくれます。爪先からはがれてくるので裏側やエッジ部分を丁寧に塗ることが大切です。

④最後にサイドを塗ったら完成。次にネイルカラーを塗る場合、ベースコートをしっかり乾かしてから塗りましょう。指で触ってツルツルした質感になっていたらOK! またベースコートを塗る前は爪の油を落としてから塗りましょう。

高橋晶子
ネイルケア辞典:監修 高橋晶子 ネイリスト 1982年生まれ。ネイルサロン店長、ネイルスクール講師を経て2011年に独立。2014年、都内にプライベートサロン「ars(アルス)」をオープン。現在は、ネイリストのプロ養成事業や独立開業サポート、一般の女性向けのセルフネイルレッスンにも精力を注いでいる。
Illustration:Miyu/Text:Yuriko Isayama
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー