KAI

HOW TOゼロから学ぶ! 髪と頭皮の集中講座Vol.5
シリコンorノンシリコン…正しいシャンプーの選び方を教えて!

毎日のことだからこそきちんと選びたいものですが、あれこれ情報が多すぎて分からない、という人も多いはず。まずは“良いシャンプー”の定義から学びましょう!

A. 結論は両方アリ。さらに泡立ち・泡切れのよさをポイントに

ここ数年のトレンドといえば“ノンシリコン”ですが、シリコンすべてがダメということではないんです。よく「シリコンは毛穴が詰まる」などといわれますが、水溶性シリコンならすすいだ時に洗い流されるのでそのようなこともなく、硬くて太い髪もまとまりよくしなやかに仕上がります。大切なのは、自分の髪質や求める仕上がりに合わせて選ぶこと。さらに、シャンプー時の摩擦から守るために泡立ちがよく、すすぎ残しのないように泡切れがいいものを選べれば最高です!

“湯シャン”では、すべての汚れは落とせません!

皮脂には髪や頭皮を保護する役目も。“湯シャン”は、その皮脂を落としすぎないため髪に良いといわれています。たしかに汗や皮脂、ホコリだけならお湯だけで大丈夫かもしれませんが、近年は排気ガスやPM2.5などの有害物質による大気汚染が問題になっていますよね。これらの粒子状物質は、シャンプーの泡で乳化させてきれいに落とすことが大切なんです。汚れの質も時代によって変わってきていることを知っておいてくださいね。

美香
ヘアケア・頭皮ケア:監修美香ビューティープロデューサー/毛髪診断士 ヘアサロン『AMATA』オーナー。髪のスペシャリストとして、雑誌やラジオなどさまざまなメディアに出演。業界屈指の美しさと評判の黒髪がトレードマークとなっている。また、元ファッションデザイナーの経験を活かして現在はより幅広い分野で活躍。製品プロデュースやコンサルティングも手がける。
Illustration:Yu Tokumaru/Text:Megumi Yamazaki
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー