KAI

HOW TO あこがれの美肌に!
20歳からの正しいスキンケア講座Vol.2
化粧品をきちんと効かせる選び方・使い方って?

毎日のスキンケア、なんとなくで済ませてしまっていませんか? 自己流ケアや“まだ若いから平気”という油断が、あなたのキレイを邪魔しているのかも。やってしまいがちな間違いを今すぐ見直して、すべすべ&ぴかぴかの肌を手に入れましょ!

Q2. スキンケアコスメの正しい選び方は?

A. テクスチャーや香り、自分が続けられる価格帯で選んでみて

スキンケアは何よりも“続ける”ことが大事! 毎日顔につけていくものだから自分が好きな香りやテクスチャーを選ぶことが大切です。そして、高価な化粧品を少しだけ使うのであれば適量をしっかり使えるものを。また、化粧水は肌にうるおいを与え、乳液やクリームは油分の膜で肌の水分を守る、というようにアイテムそれぞれに役割があり、美しい肌を育てるためにはどれも必要なもの。自己判断で省略せず「クレンジング」「化粧水」「乳液」の3つは最低限そろえましょう。乳液がベタつくと感じる人は、さっぱりとした使い心地のジェル状乳液などでも。

ケチるのは厳禁! 正しい使用量を守って

どんなに高価な化粧品も、量を減らしては効果も半減。とくにクレンジングは「どうせ洗い流してしまうから」と一回の量を少なくしてしまう人が多いのですが、量が足りないと汚れを落としきれず、摩擦もおきてしまい、くすみの原因になります。外箱や容器にある“使用量の目安”をしっかり守りましょう。

目安に「適量」としか書いておらず、その適量が分からない! という時は、クレンジング(クリーム)はさくらんぼ大(上の写真)、化粧水は500円玉大、乳液は100円玉大を。さらに、美容液は小豆大、クリームはパール大を目安にしてくださいね。

水井真理子さん トータルビューティーアドバイザー

教えてくれたのは 水井真理子さん トータルビューティーアドバイザー 肌を見ただけでスキンケア方法や生活習慣をアドバイス。毎日続けやすい&しっかり手ごたえを実感できるスキンケア方法で支持を集める。聞くだけで元気になれる語り口も人気の秘密。キレイへのヒントが詰まったインスタグラムもチェック!→ @mariko_mizui

あこがれの美肌に!
20歳からの正しいスキンケア講座 バックナンバー

Photo:Ayumi Fuse / Hair&Make-up:Wakana Goto(ROI) / Styling:Natsuki Takano / Model:Minami Ooba / Text:Megumi Yamazaki

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー