KAI
kai corporation

published_2016.03.04

自信をつけてハッピー感性を高める
マインドから美しくなるのが平野宏枝流

日本とLAを行き来するデュアルライフを送りつつ、ビューティープロデューサーとして大活躍の平野宏枝さん。美しくなるための具体的な指南はもちろん、ハッピーマインドになる考え方やライフスタイルなどを教えていただきました。

PROFILE

平野 宏枝
平野 宏枝 ビューティープロデューサー これまでイベントやメイクレッスンなどで、述べ14万人以上の女性たちにアドバイスをしてきた経験を生かし、さまざまな角度から女性を美しく豊かに導くコンテンツを提案。幅広い年代層の女性たちに支持されている。人と人のつながりを大切にしたい時代に、”女性”視点での感覚で、ヒト・モノ・コトに対し本音で発信している。
http://hiroemake.com/

長所がない人はいない。
そのことを知ってほしい

  •  
    ビューティープロデューサーとして、具体的に何をなさっているんですか?
    「メディア出演や美容商品のプロデュース・監修、また美容ライターとしてコラムなどを書かせていただいています。他には “すぐに満室になる美プロフィール撮影会”や“オーダーメイドメイクレッスン”などで、メイクの指南や似合うカラーなどの提案も。そして、せっかく美しくなったのなら、その姿を披露する場としてのパーティーなども開催しています」
  •  
    メイクレッスンをする際に心がけていることは?
    「とにかくご本人に自信を持ってもらうこと。その人が見逃してしまっている長所を見つけ、自信を持ってもらいます。もちろん、なりたい理想像みたいなのを聞いて、それに寄せたメイク指導などもしますが、その人自身の良さを消してしまうのではなく、やはり本来持っている長所を伸ばしてあげることを一番、心がけていますね。レッスンの終わりには笑顔になって見違えるように美しくなるんです。まさに笑顔に勝るメイクはないんだということを実感させられますよ」

自己肯定をすることでハッピー感性を高める

  •  
    内面からの美しさを重視していますよね。
    「そうですね。美をテーマにアプローチしていますが、それはあくまでもやりたいことの柱のひとつなのかもしれません。個々にセルフイメージを高められるようなポジティヴな考え方になっていってほしいと願っています。美容家というよりセラピスト? みたいな(笑)。まずは自分を認めてあげて、好きになってあげること。絶対に『自分なんて?』って考えないでほしいです」
  •  
    まずは考え方からポジティヴに美しく、ということですね
    「どうしても年代や肩書き、流行などに捉われてしまいがちなんですよね、日本人って。もちろん、それが日本の良さでもあるんですけど、あまり捉われすぎると自分自身を見失ってしまうこともあるので、そこは注意してほしいかな。何歳だからこれは着れないとか決めつけてしまったらもったいないでしょう?」

ONとOFFに切り替えるのに
デュアルライフは最適

  •  
    平野さんは今、東京とLAを行き来したデュアルライフを送っていますが、そんな中で特に感じたことはなんでしょうか?
    「まず、自分の価値観が当たり前ではないことを痛感させられました。日本とLAでは美しさの基準が違うんですね。日本の雑誌を見ると、そこに載っている顔になるまでの細かい行程が説明されている。けれど向こうの雑誌は、おしゃれなセレブの写真がずらっと並べられているだけ。それを自分らしくカスタマイズして取り入れる。必ずそこには自分らしさが入ってくるんですよね。それって本当に大切なことだなって思います」
  •  
    平野さん自身は、東京とLAでファッションは違ってきますか?
    「基本的にはどちらもナチュラルでシンプルです。ただやはり、TPOは大切だと思うので、東京ではヒールを履くことも多い。サラッとしたワンピースとかも好きですね。LAはヨガスタイルで過ごすことが多いかな(笑)」

断捨離で身の回りの整理を!

  •  
    平野さんは今、東京とLAを行き来したデュアルライフを送っていますが、そんな中で特に感じたことはなんでしょうか?
    「意外とそんなに大変じゃないんですよ。デュアルライフを送るようになって4年が経つんですけど、その前に断捨離をしたんです。そのときに、2tトラック分の服や雑貨などたくさんの物を処理しました(笑)。こんなにも必要じゃないものに囲まれていたんだなって。今ではトランクひとつで十分生活できちゃいますよ」
  •  
    体調管理は、どういった部分に気を付けていますか?
    「そうですね、体調に関してはすごく気をつけています。日頃からの体調管理はもちろん、食生活もオーガニックのものやローフードのものを摂るように。日本にいるときは特に発酵食品を意識的に取り入れるようにしていますね。マッサージや鍼などプロの手をお借りして体をほぐしてもらうことも。特にフライトで欠かせないのがアロマオイルですね。マスクにシュッとひと吹きかけるだけでリフレッシュできます」
  •  
    今日持ってきていただいたアイテムもアロマオイルが多いです。
    「リラックスしたいとき、頭を切り替えたいときなど、私の中の切り替えアイテムとして音楽と香りはマストアイテムなんです。香りって記憶に残るでしょう? 『このオイルはあそこで買ったな?』なんて思い出に浸れちゃうのも嬉しいし、またそれで自分がアップデートできるんです」

枠に捉われないボーダレスが鍵

  •  
    平野さんプロデュースで、この春に発売されるコスメについて教えてください!
    「本来、肌に必要な成分に特化した、年齢や肌質、性別を問わない高機能美容液です。男性にもお使いいただけるユニセックスなデザインで、人間の肌の細胞に近い醸造発酵物から抽出した天然ヒト型セラミドやオイルを中心としたラグジュアリーオイルセラムです」
  •  
    なぜこのコスメを開発しようと思ったんですか?
    「メイド・イン・ジャパンの良質な成分と細やかさを世界にも打ち出していきたいと思っているんです。私の考え方のキーポイントとして“枠に捉われない生き方”というのがあって、それにふさわしいコスメは何だろうって考えたときに、自分が大好きなオイル、しかもボーダレスで年齢や異性も問わず使えるものを作りたかったんです」

自分のしていることは使命だと思っています

  •  
    気持ちよい毎日を過ごすために、アドバイスがあればぜひ教えてください!
    「デュアルライフのような生活は、住居をふたつ構えなくてもできる。田舎に実家がある人は実家に戻ればよいし、海が好きな人は海を見たり、ちょっとした旅行で1、2日ゆっくりするだけでも全然違うと思います。そのようなコミュニティに参加するのもひとつの方法だし。まず一歩、行動していくことが大切だと感じています。洋服やお化粧品に使っていたお金を、少しゆっくりするための時間に割いてあげるだけでも心の余裕が違いますよ」
  •  
    やりたいことをするまでにはたくさんの苦労があったかと思いますが、どのような気持ちで乗り切りましたか?
    「私、これまでの苦労は修行だと考えてるんです。すべてが必然で無駄なものはなかったと。つらいこともありましたが、たくさんの人に助けられたのも事実です。私の名前って“宏枝”じゃないですか。人とのご縁、その枝を広げるのが自分のミッションだと思っています。発売される本もそうですが、撮影会やイベント、パーティーなどを通じてたくさんの方とのご縁をこれからもつないでいきたいし、海外と日本の架け橋になりたい。美容はそのための大事な柱ですから、そこへの探究心も見失わずに前向きに進んでいきたいですね」
Photo:Yusuke Katsuyoshi(PEACE MONKEY)/Text:Akari Arai
気持ちいい毎日を生きるLAスタイル
平野宏枝
『気持ちいい毎日を生きるLAスタイル』
2016年3月4日発売 1400円(税別) 双葉社
LAと東京を行き来するデュアルライフを送る平野宏枝さんの待望の初著書!
LAで見つけた素敵な女性たちの生き方から学んだことをはじめ、カリフォルニアの魅力を情報たっぷりで紹介。「体をしめつける服から解放される」「スケジュール帳を真っ黒にせず余白を残す」「何気ないものに感動できる『ハッピー感性を高める』」など、自分も人も大切にできる生き方のエッセンスが詰め込まれています。
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー