KAI

木村直人直伝!
男ウケするお呼ばれヘアは“スキ”が決め手

年末のパーティーシーズン到来です。きちんと感があって華やかなお呼ばれヘアで目立ちたい! でも一歩間違えるとガッカリヘアになってしまうのがお呼ばれヘアの落とし穴。数々のタレントやモデルから絶大な支持を得ている人気の美容師・木村直人さんに、絶対失敗しない華やかアレンジの方法、教えてもらいました。

profile

木村直人
木村 直人air/LOVEST SN.Div.Manager 有名タレント・モデルがプライベートでも通うトップヘアサロンair/LOVESTの発信統括マネージャー。数多くの雑誌・TV撮影のヘアメイクを手掛け、最先端の“かわいい”を発信。著書の「air/LOVEST 木村直人のハラドキ☆ヘアスタイルBOOK」はAmazonヘアケア部門ランキング第一位を獲得。

NGアレンジを一刀両断!
ロングヘアのモテアレンジの鉄板はコレ

「いかにもセットしました」感が重い…“発表会アップ”

「結婚式などのお呼ばれヘアでよく見かけるのが“発表会アップ”。ロングヘアはアップにするとボリュームが出るからお水っぽくなりがちだし、きちんと感も調整しないと重く堅い印象になってしまうから要注意です」

お手軽な“ハーフアップ”が実は一番女っぽい!

「ハーフアップってパーティースタイルの中でも一番楽だしお手軽。大切に伸ばしたロングヘアって何よりもアクセサリーだと思うんです。全部アップにしてしまってはもったいないですよ。前髪や毛先、顔まわりに柔らかなウェーブのシルエットを作れば、優しげな表情に。それだけでは可愛い印象になってしまうので、トップの高さや分け目を工夫して大人っぽさをプラスするのもポイントですね。揺れる髪やチラっと見えるうなじに男は弱いんです」

ココでスキを作れ!

ハーフアップはざっくり手ぐしでルーズにまとめてヌケ感を出して。

ねじってピンで留めるアレンジは高さを出しやすいのでおすすめ。ピンで留める直前に強くなじりを効かせるのがポイントです。毛先は逆毛を立てたらスモーキーにフワっとまとめてピンで留めると華やかに。

顔まわりの後毛は男たちの大好物。リバース巻きにすれば顔に沿って馴染みやすくなります。

パーティには色気をひとさじ
ミディアム女子は“うなじ”で魅せろ!

犬っぽい、子供っぽく見える! ”チワワアップ”はNG!

「簡単に華やかさをプラスできると思ってやりがちなのが、額を出したポンパスタイル。今流行りの薄髪バングスも男目線ではまったく色気を感じませんね。額を出すスタイルはよほどの美人じゃないとキマらないから実は難易度大なんですよね」

いつもは見えない“うなじ”にハラハラ・ドキドキ

「額を出すより、うなじを出すのが正解! ミディアムヘアの人は普段は髪をおろしていることが多いですよね。だからこそ、ここはギャップの見せどころ。うなじの見えるアップヘアでいつもと違う女らしさを見せつけて。ポイントは頭の形がよく見えるシルエットと、女っぽさや色気を演出する毛流れ。わざとくしを使わずエアリーなこなれ感を出しているのもポイントです」

ココでスキを作れ!

分け目は10:0にするとクラシカルなイメージに。

上下で分け取り、下はひっつめてしまう。手ぐしで手の跡がつくように上の髪をかぶせてピンで留めたら、ぷっくりした立体感が出て美しいシルエットに。

仕上げに、前髪からサイドの毛が自然に馴染むようにリバース巻きにして整えると、上品な色っぽさが出ます。

男ウケ♡お呼ばれヘアの3か条
  • 1. くしは使うな、手ぐしを使え!
  • 2. 柔らかなウェーブ感を大切に
  • 3. 顔まわりは“リバース巻き”に徹せよ
Hair:Naoto Kimura(air/LOVEST)/Photo:Masayuki Sanoh(ADDICT_CASE)/Model:Alisa Durbrow, Tomomi Takahashi/Text:Yuriko Isayama
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー