KAI

special イガリシノブさん × 内田理央さん
「わたしのいろ・わたしのメイク」 <前編>

メイクは自分を知るためのプロセスでもある。
“どんな色が似合う?” “どんな表情でいたい?”
そんなことを自分に問いかけながら鏡に向かうのは、女性にとって大切で愛しい時間。今回は、大人気ヘア&メイクアップアーティストのイガリシノブさんが、内田理央さんの等身大の魅力をメイクで表現するスペシャル企画をお届けします。ピュアネスと色っぽさを絶妙なバランスで持ち合わせた内田さんの自然体の美しさを、余すことなく引き出していただきました!

profile

イガリシノブ
イガリ シノブ ヘア&メイクアップアーティスト(BEAUTRIUM) ファッション誌を中心に、コレクション・広告など数多くのヘアメイクを手がけるほか、化粧品開発ディレクターや「BEAUTRIUM ACADEMY」で講師を務めるなど幅広く活動する。似合わせのテクニックやユニークな発想でおしゃれ顔をつくる達人。ファッション性の高い創造力と持ち前の明るいキャラクターで、多くの女優・アーティストから支持され続けている。

profile

内田理央
内田 理央 女優、モデル 東京都出身。MORE専属モデル。2010年にデビューし、グラビアやバラエティ、舞台など幅広く活動。2014年「仮面ライダードライブ」(EX)のヒロインに抜擢され本格的に女優デビュー。毎週日曜22:00〜生放送AbemaTV「内田理央のオタカレ募集中!」にMCとして出演中。1月7日(土)公開映画「Bros.マックスマン」にヒロインとして出演。1月8日(日)から放送スタートするドラマ「大貧乏」(CX)に出演が決定。自身のブログ・Twitter・Instagramでは、独特の世界観やキャラクターを発揮し、注目されている。

“あなたの今年は、どんないろ?”

  • “今年も終わろうとしている。
    いいことも、ちょっぴり悲しいこともあった。
    それは、どんないろで表現できるだろう”
  • “わたしらしいいろ、
    わたしらしい表情に立ち戻れば
    いつだって、前を向ける”

2016年は大人っぽい表情を目指して“赤”に挑戦

  •  
    2016年、内田さんはどんな色を使ってメイクを楽しみましたか?
    「今年は赤を使ったメイクに挑戦しました。今までは、赤って個性的でちょっと苦手意識があったけど、使ってみたら意外としっくりきて。リップやシャドウで取り入れました。ガーリーというよりは、大人っぽい表情を目指していたかな。グラビアのお仕事では、かわいい感じを求められることも多かったのですが、普段はファッションもクール系が好きだし、凜としたかっこいい雰囲気の女性に憧れていたのかもしれません」
  •  
    では2017年は、どんなメイクに挑戦したい?
    「うーん、来年はその反動で(笑)、薄めのブラウンとか、あとは春になったら、ほんのりキラキラしているようなメイクにも挑戦したいですね。リップは血色のある色を使って、ナチュラルさやピュアさを感じるようなメイクをしてみたい。等身大の自分そのままの、自然体の美しさを目指せたらいいな」
  •  
    なるほど! ブラウンって定番だけど、実はいろんな表情を作れる万能カラーですよね。
    「はい。ひとくちにブラウンといっても質感や深みが全然違うから。いかにも、“メイクしてます!”という雰囲気にならないような、わたしらしい1色を見つけたいですね」

HOW TO MAKE-UP

EYE HOW TO
  • クリームシャドウを指に取り、アイホール全体にオン。
  • ポイント用アイラッシュカーラーで目尻のまつ毛をカールアップ。目尻を強調することで女性らしい目元に。
EYEBROW HOW TO
  • アイブロウブラシに色を取り、地毛がはえていない部分を中心に埋め、太めストレートな眉に整える。
LIP HOW TO
  • アイシャドウ用チップにリップを取り、ポンポンと叩き、色をなじませる。チップを使い、あえてまだらに仕上げることでヌケ感を演出するテクニック。密着感もアップ! 口角はコンシーラーで消して丸みを出して。輪郭はとらなくてOK。
HIGHLIGHT HOW TO
  • ハイライトをブラシにとり、目頭の間をサッと2往復。
  • A. チークカラー WH-100/アイビーエレガンス
    B. ブロウクチュール パレット/イヴ・サンローラン・ボーテ、
    C. ルージュアリュール 165/シャネル
    D. アイグロウジェム GD080/コスメデコルテ AQMW
    E. エトワール トンテシオン 02/ブランエトワール
    (すべてヘアメイク私物)

HOW TO HAIR ARRANGE

HOW TO
  • ① 全体をゆるく巻いたあと、高めの位置でざっくりポニーテールをつくる。手ぐしでOK。
    ② 毛束を少量取り、バランスを見ながら結び目のまわりにピンで留める。
  • 後編では、1年の始まりにぴったりの、春を呼び込むようなパステルメイクをイガリさんにご提案していただきます。前編とはまた別の魅力を放つ、華やかな色を纏った内田さんをお楽しみに!
・衣装クレジット
ニット/nano universe、ショートパンツ/ALLSAINTS

使用したBEAUTY TOOLはこちら!

Hair&Make-up:Shinobu Igari(BEAUTRIUM)/Photo:Saki Omi(io)/Styling:Masaru Kato/Text:Shiho Tokizawa
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー