KAI

special<内田理央さん×色彩で魅せる冬の顔Vol.3>
気品の漂う“攻めレッド”

「同じメイクのルーティンはしない!」という熱いメイク愛を持った内田理央さんが“この冬おすすめのカラー”にトライする3連続企画。最終回は、リュクスな赤アイシャドーで作る、レディコンシャスなルックに挑戦します!

profile

内田理央
内田理央女優、モデル 東京都出身。MORE専属モデル。2010年にデビューし、グラビアやバラエティ、舞台など幅広く活動。2014年「仮面ライダードライブ」(EX)のヒロインに抜擢され本格的に女優デビュー。自身のブログ・Twitter・Instagramでは、独特の世界観やキャラクターを発揮し、注目されている。

今年のホリデーシーズンは、いつもよりゴージャスに

ホリデーシーズンの街の煌めきに負けないほどビビッドで、かつエレガントな雰囲気もキープした “囲み”アイシャドーはパーティーシーンにもぴったり。とくに今年は、深みのある「赤」を使うのがおすすめです。思い切って大胆に取り入れることで、ワンランク上の今っぽさが手に入りますよ♡ クールなのに温かみがあり、かっこいいのにフェミニン。そんな、相反するイメージが混ざり合うバランス感覚がポイントです。

思わず視線を奪われる、プレイフルな華やぎEYE

こっくり深みのあるバーガンディー系のアイシャドーをチョイスし、目元をぐるりと囲みます。強さのなかに見え隠れする繊細さが、ロマンティックな冬気分をいっそう盛り上げて。ファッションにも赤いアイテムを投入し、統一感をプラスしたらヘアスタイルはウエットな質感のオールバックに。一筋縄ではいかない、“意思のあるいい女”スタイルへ!

「レッドはこの時期にこそ映える色♡」by RIO

「冬に、あえて色を楽しむメイクっていいですよね。とくに今回使ったレッドは、夏よりも断然、冬に似合う色♡ 冬空に映える気がするのでおすすめしたいです! 自分で赤シャドーを使うときは、チークをベージュにして色みを抑えるなど、派手になりすぎないよう色の“引き算”に気をつけます。メイク全般に言えることですが、バランスというか、全体像をちょっと“引き”で見ることを大切にしていますね。
赤シャドーに合わせるファッションは、少しエッジを効かせたいな。たとえば黒のワントーンでまとめるとか、あえて落ち着かせてアイシャドーをポイントにすると良いと思います。靴とか小物を赤にしても絶対かわいいと思う♡ それと、今日みたいな“囲み目”は女子ウケも抜群だと思うから年末の女子会にもぜひおすすめしたいです!」(by RIO)

HOW TO MAKE-UP

アイシャドーは、ブラシを寝かした状態でまぶたにオン。アイホール(目のくぼみ)よりもオーバー気味に、眉下ギリギリくらいまで幅広めに入れていきます。丁寧というよりもむしろ大胆に、楽しむ感覚でまぶたを染め上げて! 続けて下まぶたもぐるりと一周させるように3~5㎜ほど囲めば完成。“攻め”のレッドを使いながらも、ブラシを往復させることで生まれるつややかなグラデーションに大人の色香がにじみます。

使用したアイテムはこちら!

  • 〈A〉アイシャドーブラシL
    肌当たりのやさしい馬毛を使用。粉含みがよく、アイホール全体にしっとりと美しいグラデーションを演出します。
  • 〈B〉腫れぼったくならず、日本人の肌に映えるクールな赤。アディクション ザ アイシャドウ シャングリラ¥2,000(アディクション ビューティ)
問い合わせ先
アディクション ビューティ 0120-586-683
衣装クレジット
コート¥27,800/lilLilly(lilLilly TOKYO)
ラメトップス¥12,800/STUDIOS(STUDIOUS WOMENSルミネ新宿店)
スカート¥19,000/UNITED TOKYO(UNITED TOKYO 新丸ビル店)
シューズ¥7,900/R&E
イヤリング¥18,000/DRESS UP EVERYDAY(e.m. PICTURESQUE)
Hair&Make-up:Yoko Yoshikawa /Photo:Shitomichi(Vale.)/Styling:Kaori Sakurai(J Styles) /Text:Shiho Tokizawa
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー