KAI

special <内田理央さん>2018年 夏、デートは“あざとかわいい”モテメイクでGO♡

お色気たっぷりの“女っぽ”全開メイクでモテる時代はもう終わり。今イチバン旬なモテ顔と言えば、ズバリ“あざとかわいい”が光る表情! ナチュラルで清潔感があるのに今っぽく、スキがあって目が離せない…♡ そんな“あざかわ”系女子になって、この夏は気になる男子のハートを狙いうち♪

profile

内田理央
内田理央女優、モデル 東京都出身。MORE専属モデル。2010年にデビューし、グラビアやバラエティ、舞台など幅広く活動。2014年「仮面ライダードライブ」(EX)のヒロインに抜擢され本格的に女優デビュー。自身のブログ・Twitter・Instagramでは、独特の世界観やキャラクターを発揮し、注目されている。4/21(土)23:15~放送スタートのテレビ朝日「おっさんずラブ」に荒井ちず役で出演!

日焼け風チークを仕込んでちょっぴり小悪魔に♡

頬の高めの位置と、鼻の上部にもほんのりオレンジチークをオン。目指すのは、「デートに夢中になっていたら、日焼けしちゃった♡」みたいなうっかり感。完璧にガードされた白肌よりもスキを感じるし、何より自然な日焼けテイストが夏らしさを加速させる、フレッシュな印象の技ありチークです♪

Try it! HOW TO MAKE-UP

① ブラシにチークを取ったら、いったん手の甲で余分な粉をはらいます。このワンステップでつけすぎを防止!
② チークを乗せましょう。
頬の高い位置、黒目の下あたりにブラシをトントンと置いて、チークをまぁるく広げます。ラフな雰囲気がかわいいので、あまり神経質にならなくてOK。
③ 最後の仕上げ、ブラシに残ったチークをそのまま鼻にもオン! 鼻の付け根の少し下くらいの位置に、左右のチークとつなげるイメージでのせて“うっかり日焼け感”を演出♡

リップは“あえてのムラ”で、じゅわっとにじませて

リップはきれいに塗り込むよりも、ムラを残したラフさがGood。グラデーションをつけることで“いかにも感”のないさりげなさを演出します。リップ×グロスの異なるテクスチャーをMIXするのが上級テク。ナチュラルなツヤと血色で、彼をドキッとさせちゃおう♡

Try it! HOW TO MAKE-UP

① 唇の中央に、細&太のダブルサイドになったリップブラシ「Docchi-mo Brush for Lip」(後述)の先細ブラシでお好みのリップをオン。ブラシを左右に小刻みに動かします。

②次に「Docchi-mo Brush for Lip」の幅広ブラシのほうにクリアグロスを取り、①で塗ったリップと混ぜながら外側へボカすように広げます。

すみずみまで塗りつぶすよりも、
唇の素の色が少し残った方が“あざと度”アップ♡

使用したBEAUTY TOOLはこちら!

Docchi-mo Brush for Lip

Docchi-mo Brush for Lip

先細ブラシでリップラインを描き、幅広ブラシで全体をひと塗り。ぷっくり立体感のある愛されリップを手早く仕上げる2in1のリップブラシ。

・衣装クレジット
ドッキングシャツ¥14,800/lilLilly(lilLilly TOKYO)
ピアス¥7,000、リング¥6,500/ともにsomnium
ミュール¥13,800/LILICIOUS(lilLilly TOKYO)
デニム/スタイリスト私物

Hair&Make-up:Hitomi Kawasaki(PEACE MONKEY) / Photo:Tomoya Nagatani(WILL CREATIVE) / Styling:Kaori Sakurai(J styles) / Text:Shiho Tokizawa

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー