KAI

SPECIAL INTERVIEW

「日常から逃避させてくれる“音楽の国”的感覚がたまらない♡」BY YUI

  この夏、注目している音楽フェスティバルはありますか?

「もちろんフジロック! ここに行かなきゃ、私の夏は始まらない(笑)夏の恒例行事ですね。今年は生けるレジェンド、ボブ・ディランをはじめ、ケンドリック・ラマーやダーティー・プロジェクターズ、大好きなMGMT、スーパーオーガニズムや小袋成彬さんなど、旬の注目アーティストが勢揃いなんです。

あとはソニックマニアかな。マイブラ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)、フライング・ロータス、サンダーキャット…、って神ラインナップすぎる!

とくにマイブラは私の音楽の目覚め。ルーツ・オブ・ルーツなんです」

  フジロックは、女子には少しハードル高いイメージがあります(笑)

「紫外線が気にならない?って、モデル仲間に言われることもありますね。でも、そんなこと言ってられない(笑)! 初めて行ったとき、“なんで今まで行かなかったんだろう”って後悔したくらいです。たしかに過酷なんですけど、それを超える感動とか、別の国に迷い込んだような感覚とか…。フジロックでしか味わえないものが沢山あるんですよ」

「フェスの楽しみ方は場所や人でそれぞれだし、一概には言えないけど、とくにフジロックの場合は自然の中にアートやモニュメントがいっぱいあったり、桃源郷みたいな隠れスポットが森の奥にあったりして会場全体が別世界。ただライブを見に行くだけじゃなくて、日常から逃避させてくれるような、“音楽の国”的な雰囲気を味わえます。

深夜に野外で爆音をかけることって、都心では絶対にないじゃないですか。非現実な空間で音に身体を預けてユラユラ揺れていると、まさに真夏の夜の夢のようです」

  菅野さんの話を聞いていたら、行きたくなってきました!

「とりあえず一回行ってみて欲しいな♪ 
一度行けば、ハマる人はめちゃくちゃハマると思う。“これこそがフェスだ!”っていうものを体験したい人はぜひ。

フジロックは、ゴミも全然落ちていないんですよ。マナーも良いし、子どもたちも沢山来ていてハッピーな雰囲気です。日本にこんなにすごいフェスがあるのは宝だと思いますね。

じつは、初めて行ったときに“フジロックの仕事をしたい”と思って、ひとつの目標として掲げていました。去年それを初めて達成して、今年もなんとか仕事で行けそうです」

  では最後に。音楽フェスティバルの魅力とは?

「あらゆる音楽が一堂に集結するので、ストイックに見本市的な楽しみ方もできると思います。逆に、ステージはそんなに見ないで自然に身を任せてのんびり過ごすのも良いですよね! それぞれが好きなように過ごせるのがいいところです。

あとは、当日以外もずっと楽しめるところ。ラインナップが発表されて沸き、タイムテーブル発表されて沸き、帰り道に興奮を語り合って…、、

(その余韻が)1年間はもちますね!」

〈菅野結以さん〉都会型フェスVer.も乞うご期待!

・衣装クレジット
mougikスタッズデニムスカート¥13,800/THE BRISK
カーキフリンジブルゾン¥6,900/MURUA ルミネエスト新宿店
フェザーピアス¥1,300、ハートチェーンリング¥700、フラワーリング¥800/以上BUBBLES 原宿
レースキャミ、スニーカー、チョーカー、サングラス/以上スタイリスト私物

Hair&Make-up:Midori / Photo:Fuuka(LOVABLE) / Styling:Kaori Sakurai(J styles) / Text:Shiho Tokizawa

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー