KAI

Smart Cute なんちゃってボブ

「ボブって可愛い」「でも切りたくない」。長いあいだロングヘアでいると、
たまに訪れますよね、“ボブ憧れ”期。そんなときもこのアイテムさえあれば、
“くるくる→パチン”で浴衣や着物もお任せあれ!

Smart Cute なんちゃってボブ

Smart Cute なんちゃってボブ

平行に巻き上げるから誰でもカンタン“均等”ボブヘア

マンネリ気分に陥りがちなロングヘア。「ガツンと切ってリフレッシュしたいな~」「あの帽子、ボブで可愛くかぶりたい!」そう思ったら、このアイテムの出番です。 難しかったあの丸め込みが、これで一発。バランス美人に仕上がります。

雑誌などでヘアメイクさんが紹介している“アレンジで作るボブスタイル”は、髪全体をゆるく結んで下からくるくる巻き上げるものが多かったりします。でも、それじゃ中央に髪が溜まってぼっこりしてしまいますよね。それを何とかしたいという思いから開発されたのがこの「なんちゃってボブ」です。

まず、毛先5cmくらいのところを横長のスリットに挟んで、そのまま真上に巻き上げます。これで全体のボリュームが均一に。試作品をたくさんのモニターさんに使ってもらい、フェイスラインにシャギーの入ったスタイルでも滑りにくくしっかり留まるように「なみなみスリット」を採用しました。どんな髪質、長さにもフィットしてきれいに巻き上げるための工夫です。そして、くるくる巻き上げた髪は耳の後ろで手早く固定。この時点で両手を使っているのでここは手数を増やせないところ!となるため、巻き上げたまま片手で

ぐっと差し込んで、パチンと押すだけのウィッグピンを採用しました。髪が絡みやすいように突起をつけたので細い髪や少ない髪でも大丈夫。ワンアクションでしっかり留まります。

また、滑りやすいサラサラヘアにはあらかじめワックス剤をつけておくことをオススメします。毛先数センチを残してラバーを通し、しっかりと髪を巻き入れるように丸め込むのがコツ。長いロングの場合は、ポニーテールを下のほうでゆるく作ってから巻き上げていくのもGoodです。巻き上げるときの引っぱり具合で、ふんわりボブにしたりコンパクトなショートボブを作ったり。最後、後頭部にコームの背などでふわっと空気を入れて高さを出すと小顔シルエットの完成です。ぜひ、この夏はボブスタイルにトライ。トレンドのシンプルTシャツが、ぐっと可愛くあか抜けそうですね♪ 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー