KAI

足ケア、放置しちゃっていませんか?
春までにガチガチかかとを「つるスベ」に

ガチガチに固くなったかかとの角質を、よりなめらかに、よりムラなくケアするためのアイテムを開発しました。これ、実はものすごく細かな「刃物」なんです。…といってもとっても安全なんです! ここに、そのヒミツをご紹介します。

一見怖そう? いえいえ、金属製のかかとケアは
実はとっても使いやすくて安全なんです!

かかと削りと聞いて、まず思い浮かぶのは「軽石」じゃないでしょうか。ただ、どうしても気泡の大きさにばらつきがあるので仕上がりがガサガサになったりムラが出てきてしまいがちですよね。それを解消したのがESTIFUL(エスティフル)の「かかと削り」シリーズ。実は、この研削面は細かい刃物でできているんです。刃物と聞くと、ちょっと怖そうなイメージがあるかもしれませんが刃の目はとても細かく、手で触ると「ちょっと引っかかる」くらい。ヤスリのように、細かな突起でツルンと“磨き上げる”イメージです。金属製は、均一でなめらかに仕上がるほか、水洗いできるので清潔&長く使えるアイテムなんですよ。

ヤスリ面の配置を変えて、研削力をアップ
がんこな角質も取れるようになりました

今回のリニューアルでは、エッチング(表面加工)面の突起の配置を変えて研削力をアップ。前作に対する「もっと固い角質にもアプローチしたい」という意見を取り入れて、プロの意見を反映しながらさまざまな突起模様のパターンを試作しました。その中で、もっとも研削力の高かったものを採用。がんこな角質も取れるようになりました。
今回ご紹介するのは「全体用」(写真左)と「ポイント用」(写真右)の2種。「全体用」はかかと全体をケアしやすいような幅広面。なめらかな削り心地で薄めの角質にも安心して使えます。ヤスリ面に空いた小さな穴からカス受けキャップ(後述)に落ちる削りカスが、まるで粉砂糖のように細かいことからも、仕上がりのきめ細かさが分かります。一方、「ポイント用」は細かい箇所にもフィットしやすいスリムな形状&ラウンド刃。研削面のエッチングもやや深く、がんこなヒールダコや溜まった角質もしっかり除去するパワフルさです。ぜひ、用途に応じて2つの使い分けをおすすめします。

どれだけ取れたかしっかり見える!
「カス受けキャップ」で削りすぎを防止

また、使いやすさにひと工夫。「カス受けキャップ」を設けることで、カスが散らばらないだけでなく自分がどれだけ削ったか目に見えて分かるようになっています。「こんなに取れた♡」という楽しみと、削りすぎ防止にもなりますね。キャップは、ひっくり返すと刃面カバーにもなるため、安全に保管できると前作から好評いただいています。

ケアのポイントは「皮膚が乾いた状態で使用すること」「削ったあとは必ずクリームなどでアフターケアをすること」。この2点に気をつけて、どうぞ春までにつるスベかかとを手に入れてください。

ESTIFUL
かかと削り(全体用)
かかと・角質削り(ポイント用)
ヤスリ面の突起の配置を変えることで研削力をアップしてリニューアル。ソフトな削り心地で一度に幅広くケアできる「全体用」とヒールダコなどがんこな角質をケアする「ポイント用」。その他「コンパクトT字タイプ」もあり。
ESTIFUL かかと削り(全体用) かかと・角質削り(ポイント用)
Photo:Yasushi Matsufuji/Stylist:Shoko Watanabe
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー