KAI

デスクワークがサクサクはかどる!?
“デキ女子”必携の前髪クリップ

オフィスでのデスクワークや、朝のメイクタイムなど、集中したいときにおすすめなのが前髪の仮留め。ポーチやデスクからサッと取り出し、外したあとも跡なくスマート。そんな、縁の下の力持ちがこの「癖がつかない前髪クリップ」です。

サッと留まって、跡がつきにくい
ダブルピン採用でさらに使いやすく

デスクワーク中に、落ちてくる前髪をサッと仮留め。はたまた朝の洗顔&メイク時にサッとおでこを出せる押さえピンとして1つあると便利な「前髪クリップ」。普通のヘアピンと違い、“面”で髪をクリップするので癖がつきにくく、外したあとに気になるガタガタした跡を残しません。オモテ面は、見ての通りフラットなプレートを配して髪表面をつるんとなめらかに。一方、ウラ面も2本のダブルピン使いでさらに癖をつけにくく。平たく薄いピン先が根元をスッと分け入ることで根元のガタつきもセーブします。

プロのヘアメイクさんも御用達
根元の立ち上げにもGood!

そして、このアイテム。一見地味ですが、ショーや撮影のバックステージ写真でモデルさんがつけているのを見たことはありませんか? 撮影などの直前までつけておいて、外してもイヤな跡がつきにくいのでプロのヘアメイクさん御用達のアイテムなんです。使い方は、ふくらんでしまう根元をつぶすよう“押さえ”に使ったり、逆にトップに空気感を入れたいときにはピンを立てて根元を“起こし”たりとさまざま。パカッと割れてしまう分け目をなじませるのにも最適です。ふわっと挿して、ふわっと抜くことができるのでピッチリさせたくないスタイルにもおすすめです。

わずかな力で開閉するハンドルの角度や、髪を巻き込みづらいバネの接地、フェイスラインの柔らかな毛にも負担にならない軽さ、髪色に合わせて選べる黒&茶色のカラーリングなど使い勝手にもこだわりました。ぜひ、ポーチやデスクに忍ばせて使ってみてくださいね♪

癖がつかない前髪クリップ 黒茶 メイク時やデスクワーク時に、サッと使える前髪クリップ。ダブルピン&フラットパネルの“面”で留めるのでイヤな癖がつきません。黒2本、茶色2本の計4本セット。
癖がつかない前髪クリップ 黒茶
Photo:Yasushi Matsufuji/Stylist:Shoko Watanabe
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー