KAI
beautydiary

春夏ブラックと秋冬オレンジで意志のあるニュアンスメイクが完成

PROFILE

本山典子
本山典子 コミュニケーションディレクター・ライター 1986年大阪生まれ。上京後、化粧品会社・広告代理店・外資系ファッションブランドのPRアシスタントや商品開発を経てフリーランスに。イベント会社やカンパニーコーディネーター会社などのPRと平行して、ファッション/ビューティーの取材記事をウェブメディアに寄稿。海外好きが功を奏し、海外バイイングや現地コーディネーターアシスタントも経験。

Celvokeの秋冬はエレガンスオレンジで魅力的に

昨年11月にCelvokeのスキンケアラインがデビューし、今年の3月には待望のメイクラインがデビューするなど、発売直前から注目の的である「Celvoke」。

そして、待ってましたの秋冬コレクションが8月16日に全国発売が決定。発売に先駆け、発表会へ行ってきました♡

秋冬のコンセプトは「自由な品格、意志のある女」。
90年代のスーパーモデルたちからインスピレーションを受け、自由で大胆、タフで魅力的なメイクコレクションは女性の美しい強さを感じるほど。
カラーラインナップも、秋冬に使いやすいブラウン系に遊び心のあるオレンジ系がメインで、マット感のニュアンスリップで色気を演出するなど、Celvokeらしい洗練されたモードなコレクションです。

私が気になったカラーはこちら。
「セルヴォーク インフィニトリー カラー」の「02 マンダリン」です。

アイカラー、チーク、リップにも使えるほど絶妙なカラー! Celvokeのクリエイティブアドバイザーを務める、ヘア&メイクアップアーティストの菊池美香子さんによるデモンストレーションでもこのカラーをチークに使用。
目の下(涙袋の下)から、頬骨に沿いながら目尻の少し外側まで指で馴染ませる。これだけで血色の良い、ツヤ感のある表情が出ます♡

また、この日は広告にもなっているメイクを施したモデルさんたちも登場! 会場が一気に華やかに。

この秋冬は、Celvokeが考えるような、肩の力が抜けた奥ゆきのある女性を目指してみては?

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー

メンバー一覧