KAI

HOW TO 一重・奥二重・二重etc.
目の形別、似合わせアイメイクで美人度アップ!

“目は口ほどに物を言う”といった言葉もあるほど、目が印象的な女性は一瞬で人の心を掴む力を持っているもの。もし目にコンプレックスがあるのなら、それはチャンスです。目の形にあったアイメイクをすることで、チャームポイントにだってなりえます。流行のカラーチークやリップで彩るのも可愛いけど、たまには目を意識にしたアイメイクで“瞳美人”を目指してみて!

一重・奥二重さんは“下まつ毛メイク”で目力アップ

一重、奥二重女子がやりがちなのが、マスカラやアイシャドウ、アイテープを駆使した盛りメイク。大切なのは目を大きく見せることではなく、いかに印象的に見せるかどうか。そのためには全体のバランス美が大事です。下まつ毛に重点を置いたメイクは、下半顔の顔の面積が小さくなるので顔をキュッと小さく見せ、甘くイノセントな表情が作れるのです。下まつ毛メイクのポイントはたったの3つ!

下まつ毛メイクHOW TO

① マスカラガードを使って放物線状になるようにマスカラをたっぷりオン。

recommend item マスカラガード(ダマとり付)ピンク まぶたや目の下にマスカラがつかないから、しっかりと塗れてボリュームアップも思いのまま。 上まつ毛はもちろん、下まつ毛にも使えて便利なアイテムです。

② ホットアイラッシュカーラーで下まつ毛をカール。押し当てるだけで簡単に放物線状のまつ毛に。

recommend item ホットアイラッシュカーラー ジューシーピンク まつ毛の根元に押し当てることで、思い通りのまつ毛を作ることができます。下まつ毛のカールも自由自在!

③ 下まぶたにハイライトをのせることで、瞳が明るく見える上、透明感も出て印象的な目元に。

二重さんは“まつ毛デザイン”で、いつもと違う自分に!

カールアップマスカラも増えた今、アイラッシュカーラーを使わない人も多いけれど、それってもったいない! ツールを使ってまつ毛をデザインすれば、いろんな雰囲気の自分になれるもの。特におすすめしたいのが「アイラッシュカーラーのダブル使い」。基本のアイラッシュカーラー×部分用アイラッシュカーラーで、アイメイクのバリエーションの幅を広げてみて。

アイラッシュカーラーのダブル使いHOW TO

① アイラッシュカーラーを根元からはさんでまつ毛をカールさせる。3回にわけて徐々に毛先に流すようにしてはさむとキレイなカールに。

recommend item アイラッシュカーラースタンダード キレイなカールは目の形にあったアイラッシュカーラー選びから。今回使用したのは深めの形の目の人がしっかりカールできるR形状のアイラッシュカーラー。

② 部分用アイラッシュカーラーを使って瞳の上のまつ毛をさらにカールアップ。黒目が強調されて目力がアップ!

recommend item precosme
アイラッシュカーラー(ポイント)
まぶたに合わせた自然なカールと、弾力のある抗菌シリコンゴムで、カールしやすく、デリケートなまつ毛を傷めないアイラッシュカーラー。

③ アイラッシュカーラーでカールしたらマスカラを塗る。しっかり乾かしてから、コームを使ってダマをとる。

recommend item マスカラコーム(金属タイプ)ピンク 鉄製のコームならまつ毛とまつ毛の間の余分なマスカラ液もしっかり取り除けます。ダマのないキレイなまつ毛が完成。

おすすめのBEAUTY TOOLはこれ!

  • A. マスカラガード(ダマとり付)ピンク
    マスカラがまぶたや目の下につくのを防ぎます。2種類のコームがついているので、お好みに合わせてまつ毛を整えることができます。
  • B. ホットアイラッシュカーラー ジューシーピンク
    ヒートパネルをまつ毛の根元に押し当てることで、自然な放射状のまつ毛を作ることができます。単4電池1本なので、電池交換も簡単。
  • C. アイラッシュカーラースタンダード
    R形状のアイラッシュカーラー。スタンダードタイプの他に、ゆるやかな形の目の人のためのアイラッシュカーラー(ライトカーブ)、彫りが深めの人のためのアイラッシュカーラー(ディープカーブ)も。
  • D. precosme アイラッシュカーラー(ポイント)
    まぶたに合わせた自然なカールと弾力のある抗菌シリコンゴムで、カールしやすく、デリケートなまつ毛を傷めないアイラッシュカーラーです。
  • E. マスカラコーム(金属タイプ)ピンク
    精緻な0.75mmピッチの金属製のコームで、まつ毛についた余分なマスカラ液をしっかり取り除き、ダマを防ぎます。携帯にも便利な折りたたみ式。
Hair&Makeup:Cocoro Yusa(PEACE MONKEY)/Photo:Nobuyuki Sasaki/Model:Emiri Konoe, Arisa Maki/Text:Yuriko Isayama
  • ツイート

バックナンバー