KAI

歩いたり体を動かすのが大好き!
階段を駆け上がって美脚をキープ

  •  
    長沢さんはすごく活動的なイメージがありますが、何か運動はしていますか?
    「高校時代まではずっとバスケットをやっていたので、体を動かすことは大好きです。駅などでは階段を使っていますよ。ちょっと疲れて見えるビジネスマンの方の横を、一段抜かしで駆け上がっていくときの爽快感!(笑) 『私って自由だ~』って思う瞬間です。歩くのも大好きで、学生時代には友達と一緒に、徒歩で山手線を一周したこともあります。ものすご~く時間がかかったけど(笑)、楽しかった! あと、友達と高尾山に登ったりもしました」
  •  
    すごく行動的! だからいつもハツラツとした雰囲気なんですね。
    「思い立ったら、すぐ動きたいほうなんです。大学生のころは、ある有機農業家の方を知ってすぐ『弟子入りしたい!』と直接問い合わせをして、泊まり込みで農業体験をさせてもらったことや、東日本大震災の被災地の漁師さんのところへお手伝いに行かせていただいたことも。最近では、雑誌で静岡の柿田川湧水群を見て、朝の収録が終わった後、すぐ電車に飛び乗ってひとりで見に行きました」

今は引き出しを増やす時期
将来的にはシンプルに生きていきたい

  •  
    お天気お姉さんを卒業した今も、NHK Eテレ「趣味の園芸 やさいの時間」の出演をはじめ、屋外でのお仕事が多いですね。日焼け対策はどうされていますか?
    「『趣味の園芸 やさいの時間』は、屋外で日差しを遮るものが何もない中でのロケなんです。肌がほてってしまったときには、冷たい水をコットンにたっぷり含ませて20分くらい当てて、クールダウンさせています。でも、日焼けをあまり気にし過ぎていると自分も楽しめないので、基本的なUV対策はしつつも、ほどほど太陽と仲良くやっている感じです(笑)」
  •  
    毎日のスキンケアはどうしていますか?
    「ごく一般的な感じで、化粧水からクリームまで使っています。肌が疲れたな~と思うときにはパックも。でも、本当はスキンケアはもっとシンプルにしていきたい。必要最低限なことだけで済ませられるようになるのが理想です。実は、それはスキンケアだけじゃなくてファッションに関しても思っていることで」
  •  
    最近話題のミニマリストのような感じ?
    「いえいえ、そこまでストイックではないです。でも将来的には、服もどんなシーンでも、どんな季節でも着られて自分に似合う3着で暮らせたらいいな、って思っています。今は、その理想の服に出会うために、いろいろ試して引き出しを広げている感じ。以前は『自分にはピンクは似合わない』とか『スカートなんて絶対イヤ!』とか若さゆえの思い込みがありましたが(笑)、最近スタイリストさんがついてくれるようになったことで、『あれ? ピンクも似合うじゃん、自分』みたいな新発見も。最初から食わず嫌いはもったいないな、と気がつきました。いろいろ見て知った上で、最終的にその中から選べるのが理想ですね」
  •  
    10年後の長沢さんは何をしていると思いますか?
    「実は私、50年後のビジョンがもう決まっているんです。おばあちゃんになったら故郷の福島で、自然の中で子どもや孫に囲まれて暮らしている、という(笑)。だから、10年後はそこに至る過程というイメージですが、今よりももっと自然とのつながりを深めて、それに関連した仕事をしているかもしれません。でも演技に興味があるので、そっちの方向に進んでいるかも。
    ゴールが決まっているから、そこに至る道は何百通りも想像できる。だからこそ、『今、このときを楽しまなきゃもったいない』という気持ちで、一瞬一瞬を大事にしていきたいと思っています」
Hair&Make-up:Ai Omuro/Photo:Kohta Nunokawa/Styling:Kanako Tsuruoka/Text:Nobuko Yusa
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー