KAI
kai corporation

published_2015.03.17

道端アンジェリカのパーフェクトビューティー!

その完璧さは「自分にとって気持ちイイことをするだけ」の精神から生まれる!

テレビや女性雑誌、数々のファッションショーのランウェイで見せる魅力的な表情と完璧なスタイルが、
男性ファンに留まらず、女性までも虜にしているモデルの道端アンジェリカさん。
同性から憧れられるステキな存在の彼女に日々の美容道について伺いました。

スキンケアは基本のステップを丁寧に!
ナチュラル系のもので朝&晩行います

毎日多忙なアンジェリカさんですが、
日々のスキンケアは
どうされていますか?

「スキンケアはちゃんとやりますよ。といっても洗顔→化粧水→美容液→クリームといった

簡単なステップだけ。今日は肌がベタついているな、と感じたらクリームをやめることもあります。アイテムは敏感肌なのでナチュラル系のものを使っています。いろいろ使うより、シンプルでも毎日朝&晩丁寧にやることが大事だと思います。これからの季節は紫外線も気になりますが、基本的にボディは自然に焼けるぶんには気にしていません。SPF15~SPF20くらいのものを塗って、徐々に日焼けしていく感じです。首から上はSPF50くらいのものを使いますが、だからといって美白の化粧水を使わなくちゃ、ってほど気にしてはいないかな。でも、そばかすなどは気になるので、日焼け後はローズヒップオイルを塗るようにしています。」

プライベートでのメイクは、
ファッションに合わせて
変えるのが楽しみ♥

お仕事のときや、プライベートで
メイクアップをするときに
こだわっている点を教えてください。

「普段は、プライベートでメイクはしないかな。でも、パーティがあったり、夜ディナーに出かけるときはします♪フルメイクしますが、ファンデーションはほとんどつけないですね。アイライン引いて、眉毛を描いて、リップとチークで完成。アイラッシュカーラーはまつ毛が元々上がっているから使わないんです。 
 1番気をつかうポイントは、そのときのメイクによって違うけれど、限りなくすっぴんに近いナチュラルメイクのときは口元です。だって、唇がカサカサだったら意味ないでしょ?やっぱりすっぴんぽいメイクのときは、グロッシーな唇のほうが女の子らしいと思うの♡だから、色というより潤い感が大事。
ディナーやパーティのときはファッションによって変えています。わりとカチッとしたドレスのときは、眉毛は濃いめ&長めに描いたりしますし、アイラインもしっかり引いて目元を強調させることが多いですね。眉毛は大事なパーツだから、もともときれいに生えていますが、手入れはメイクさんにお任せしないで自分でしています。実は、メイクのときも眉毛は一切触っていただかなくて自分で描くほどこだわっています。」

ツール類は「肌に気持ちいいもの」を使っています!

普段使うメイクアップアイテムやツール類にもこだわりがあるのでしょうか?

「うん、アイテムはありますね。たとえば、マスカラは先端が細くて上下にキレイに塗れものが好き。眉毛のペンシルも長年同じものを使っていますね。ツール類はメイクさんなどからプレゼントしていただくこと が多くて、その結果、自然にいい物が集まってきちゃうんです(笑)。
ただ、肌に触れるものは、絶対にカタいものや不愉快なものはダメだと思うの。コットンもオーガニックのものを使っています。とくに意識しているわけじゃないけれど、自然と手に取るものは肌に気持ちいいものばかりですね。」

ヘアケアは月1ペースでトリートメントを。
海外では日焼け止めスプレーも必須です

メイクだけじゃなくヘアスタイルも注目されているだけあって、ヘアのケアも気になるところ。

「ヘアは月1回ペースでサロンへ行き、トリートメントをしています。あと、自分でもヘアパックなどしますよ。仕上げのオイルトリートメントも好き♡それから、海外に行くときは絶対にヘア用の日焼け止めスプレーを持っていきます。

髪質が外国人だから、紫外線にあたったり海に入ったりすると、翌日には金髪になってしまうんです。だから、ヘア用の日焼け止めやダメージ後のケアアイテムは大事!」

ストイックに見られがちだけど、
自分に心地いいことをしている結果、
今のスタイルがKEEPできているんです

ジョギング好きでも知られていますが、
不規則な生活の中、
ストイックに体型維持をするのは
大変ではありませんか?

「ジョギングを始めたのはランジェリーブランドのカタログの仕事をさせていただいたのがきっかけです。それまでは、そういう身体のラインが出るお仕事が入ったときは、運動はしないで食事制限だけで過ごしていたんです。何ヶ月も前から夜ご飯

はサラダだけにするとかね。でも、そういう生活は面倒だったし、1日前でも焼き肉を食べたくなっちゃったりするでしょ?それに、ショーなどでランウェイを歩くときは360度見られるわけだから、どの角度から見られても大丈 夫なようにしておきたいって思ったの。仕事に合わせて身体を作るんじゃなくて、いつでもスタンバイしておけばいいんだって考え方を切り替えたんです。そうして、23歳の頃にまず筋トレから始めて、ジョギングも週1回ペースでやるように。今ではほぼ毎日欠かさず走っています!ストイックに見られがちですが、別に自分ではそういう意識はないんですよね。ただ、運動が大好きだから、運動できない環境にいるのがストレスになっちゃうの。だから、地方のお仕事のときは必ずジムつきのホテルにしていますし、スケジュールにも走る時間を入れていただいています!

無理をするのではなく、自分の身体に正直になってボディメンテナンスをするのが長続きする秘訣じゃないかな?私も腰の調子が悪いときは無理して走りませんし、身体が『心地いい』と感じることをやっていると、自然に健康でいられるしスタイルなどもキープできるのだと思います。」

道端 アンジェリカ
モデル道端 アンジェリカ 1985年生まれ。ファッションモデルとして数々の雑誌やカタログ、ファッションショーのランウェイに登場。またテレビにも多数出演し、幅広い層から支持を受けている。とくに、その美貌とパーフェクトボディは多くの女性から憧れられている。著書「MY GRANOLA STYLE 道端アンジェリカのオーガニックライフ」(双葉社)など。
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー