KAI

女の子が異性にチェックされている
いちばん重要なパーツをキレイにしたい

男性に、案外チェックされているらしいパーツが実は“鼻毛”…。女の子にとっては「たま〜にカットする程度」のケア習慣ゆえに、ついうっかり伸びてしまっていることもありますよね。そんなとき! 出先で、ポーチにコレが入っていればピンチを脱却。肌身離さず持ち歩きたい新習慣のご紹介です。

ハサミでカットするよりも
専用シェーバーが鼻毛にイイわけ

鼻毛のケアはエチケットとしてとても大切ですが、女性の鼻毛処理の実態調査を行うと、ハサミでカットしている方が非常に多く見られました。女性がお持ちのハサミはマユ用のハサミが多いと思われますが、先が尖っており鼻腔を傷つけてしまう恐れがあるため、できれば専用の鼻毛シェーバーを使っていただくのをおすすめします。このスティックシェーバーは、刃自体が表面に出ていないので先端に触れても問題なく、鼻腔の周りに沿わせてゆっくり回すだけで鼻のムダ毛をオフしてくれます。

構造は、鼻に差し込むスティックの中で2枚刃が回転しており、スリット(ミゾ)に入った毛をスパッと切るしくみ。当社既存品のスティックシェーバーに比べて部品形状やスリットの高さを上げることでより先端まで切れるようにし、鼻腔の奥まで入れなくてもカットが可能になりました。もちろん、お鼻入り口の短いムダ毛もしっかりオフ!

世界最小レベルの直径6mm円筒で
女性の鼻にもフィット!

また、これまでは男性モノが主流だった鼻毛シェーバーですが、女性の小さな鼻腔でも使いやすいように世界最小レベルの直径6mmの設定を実現。当社従来品の直径8mmから大幅なコンパクト化を実現しました。新しいサイズに合わせて先端の刃のサイズや切れる部分の設定にも注意を払っています。

ポーチに入れても、まさか
鼻毛シェーバーには見えないデザイン

女性にもご愛用いただくために、インポーチ時に鼻毛シェーバーに見えないようにスイッチも中に納め、表面をダイヤカット仕上げにしました。メイク道具をイメージして、女性が洗面台でそっと使えるように音も静かに設定しています。また、掃除する際にパーツごと取り外せるので刃を触らずにお手入れ完了。使い勝手の良さにもこだわりました。

ただひとつ。鼻毛にはホコリなどの異物の侵入を防ぐ大切なフィルターの役目があるので、切れ味がいいからといって鼻の奥のほうまで切りすぎないように注意をしてくださいね。また、あまり鼻腔の皮膚に押し当て過ぎるとスリットに皮膚を巻き込んで傷つける恐れがあります(そっと沿わせる程度であればその心配はありません!)。どうぞ優しく当ててくださいね。

スティックシェーバー スリムヘッド 世界最小レベル、直径6mmのスリムな先丸シェーバー。アルカリ乾電池式(単4型)、お手入れブラシ&携帯に便利なキャップ付き。水洗い可で衛生面も◎
フェイスアップコーム
Photo:Yasushi Matsufuji/Stylist:Shoko Watanabe
この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • ツイート

バックナンバー